赤字に対する考え方

この記事は2分で読めます

IMG_6267




こんにちは、つっきーです。


コンサルしてる弟子のやっていることを聞いて
稼げない理由が一つわかったのでシェアします。



彼は無在庫ネットショップの運営と並行して、
ヤフオクで不要品の販売と代行出品をやっています。


ヤフオクの方では不要品や代行だけじゃ限界が見えているからと、
輸入ビジネスを始めるために先月教材を買ったらしいですが、
未だに1つも仕入れていないとのこと。



詳しく話を聞いてみると、
eBayやPayPalの登録はできている。

後はリサーチして買うだけなのにそこから先が進めないといいます。


仕入れをして失敗して赤字になってしまうのが怖いといい、
教材を買ってから1ヶ月も経つのにもかかわらず、
未だに1つも仕入れていないと。



不要品や出品代行なら失敗しても赤字になることがないけれども、
輸入やフリマなどで仕入れて販売するとなると、
もし売れなかったら赤字になってしまう可能性があるから仕入れられない。

十分にしサーチをしてコツを掴んでから仕入れたい。
こう言います。


慎重になりすぎるがゆえに行動ができない。
典型的な稼げない人の思考です。



初心者は、取りあえず何でもいいので仕入れる。
1000円、2000円の安いものでもいいです。


輸入ビジネスはよっぽどなことをしない限り
赤字になることはないので行動あるのみです。

最初のうちはとにかく仕入れまくるべき。



輸入ビジネスをやっていて赤字になることなんてほぼ無いです。
1個2個ぐらい単発で赤字になってもいい。

トータルでプラスになれば、
単発でいくら赤字になってもいいんです。


むしろ、
赤字になっても経験やデータが得られるので、
どんどん仕入れるべきです。


そもそも物販の仕入れで赤字になるとしても
赤字になる金額は限定的です。

せいぜい仕入額の10%、20%減るだけ。
下手なリサーチでも30%が限度。


1万円分の商品を仕入れて失敗したとしても
7000円になるだけです。

1万円すべてを失うことなんてありません。
たった3000円だけです。


オークファンで販売履歴がある商品なら、
売れないなんてことはありえません。

1円出品したり安く販売すればいいだけです。
多少赤字になるかもしれませんが必ず捌けます。



仮に失敗して数千円を失ったとしても、
海外から商品を実際に仕入れて販売してみて学べることはたくさんあります。


輸入ビジネスの一連の流れを経験できますし、
どんな商品が儲からないのか考えるきっかけにもなります。
反対にどんな商品が儲かるのかもわかります。


一度赤字になった商品は二度と仕入れなければいいですし、
儲かった商品はリピートして販売すればいいわけです。

1つ儲かる商品見つけられたら、
赤字になった商品分なんてすぐに回収できます。


金銭的な損害は一時的ですし、
儲かる商品が見つかればすぐに回収できて、
その後は全部利益になります。



一度の失敗で学べることはたくさんあります。
でもって、一度学んだことはずっと使い続けられます。

つまり、
だんだん失敗の数は減っていき、成功の数は増えていきます。


初めのうちはどんなに頑張っても失敗します。
知識も経験もないので当たり前です。
今は成功して稼いでいる人でも初めは失敗していたと言います。


輸入ビジネスは失敗を経験しつつ、
それ以上の成功を重ねていくのがポイントです。



———————————————————–

◆編集後記◆



無在庫ネットショップの方は、
僕の方で指示しながらやらせているので順調です。

彼はほぼ何もいじってないのにもかかわらず、
初月から10万ほど売り上げてました。


稼げてるのはいいことなのですが、
僕が教えたことを作業としてやるだけでなく、
そこから何か学んで成長してくれているのか?

そっちが心配です。