無謀なる100万円仕入れ

この記事は4分で読めます

2013-02-21 00.50.34




こんにちは、つっきーです。


僕が輸入ビジネスを初めた頃について
聞かれることが多いので一度振り返ってみてまとめました。


文章の量がかなり多くなったのでいくつかに分けて、
シリーズものとして送ります。



————————————————

つっきーの輸入ビジネス初心者時代

第一話 無謀なる100万円仕入れ

————————————————




まずは僕の輸入ビジネスを始めた頃の実績。


1ヶ月目で月商100万円(利益は5万円ほど)

2ヶ月目で月収30万円。

といった感じです。



こうやって数字だけを見るとビギナーズラックで、
上手くいたんだろうなーって感じなのですが、
実際はそう上手くいっていません。


この数字ではわからない裏側は、
初々しいながらの試行錯誤の連続でたくさん散々な目にあっています。



いろいろと苦労したことはありましたが、
取りあえず、始めて2ヶ月で月収30万を達成できているので、
それなりに参考になると思います。





「いきなりの月商100万円超え」


これを人に話すと決まってびっくりされるのですが、
面白いことに稼いでいる人と稼げていない人で、
びっくりする理由が違うんですよね。


何気ない話の中での反応一つを取ってみても、
上手くいく人と上手くいかない人の考え方って違うんです。



この先を読む前に、
自分はどういう感想を持ったのか考えてみてください。

メルマガを単なる読み物ではなくて、
自分に置き換えて読むようにすると得られるものも変わってきます。




・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・






考えてもらえてたでしょうか?
それでは実際の反応を紹介します。



上手くいっている人は、
初月からよくそんなに仕入れたと褒めてくれます。

リスクを恐れ過ぎないで行動したことに注目した反応です。


無茶くちゃでも何でもチャレンジ精神を持って、
実際に行動してみて経験したことを大事にしているのだと思います。





一方、稼げていない人は、

「そんなに仕入れて大丈夫だったんですか・・・」
と心配されます。


ビジネスのセンス無いです。
輸入ビジネスのリスクを考えてみてください。


物販なので失敗したって全額失うことは無いです。
全部赤字になってもせいぜい30万ぐらいの損害。


そもそも100万円分の商品が全部赤字になるなんて、
天文学的にありえない確率です。


素人でも多少は儲かる商品があるはずなので、
赤字の商品が多かったとしても、
トータルだと20万ぐらいの赤字で済むかと思います。


仕入額に注目し過ぎて、
ビジネスの全体像を正しく考えられてないんだなと思います。






月商100万円も同じです。


月商100万円なんて全然すごくないです。
これは単純に100万円を仕入れ資金に使っただけです。


100万円分商品を買って、100万円で売る。
これで月商100万円です。


実際、月商100万円でも利益は5万円ほどです。
何もすごくありません。


むしろ、100万円分も商品を仕入れていますので、
出品したり、発送したりと作業量が多くて大変です。

月商20万とかで利益5万円の方がよっぽど効率いいです。





輸入ビジネスで成功するコツは、

「とにかく行動しましょう」

この一言に尽きます。



僕の場合、
一度も輸入したことがないのにも関わらず100万円分仕入れる。
というバカとしか言いようがないことをしました。


今の僕からすれば、
もっと考えてからにしろよ!と引き止めたくなりますが、
結果的にやってよかったと思います。


危なっかしいことでしたが、
知識も経験もない初心者なりによくやったなと。




赤字になるのが怖いからと言って、
ずっと仕入れられないよりはずっといいです。

失敗が怖いからといっている人は、
悩んでないで一度思い切って買ってみるべきです。



どれだけのリスクがあるのか正しく把握すれば、
自分の限界がわかりますので行動できます。

何となくだと、どれだけ赤字になるかわからないので、
怖くなって行動できません。





僕は特別リサーチが上手かったから、
大量仕入れしたわけではありません。

この時は基本マニュアルを数回読んだだけのド素人です。

輸入品なんて見たことも買ったこともない、
それでも失敗覚悟で仕入れました。



当時のリサーチは、ただオークファンとeBayを往復して
価格差のあったものを片っ端からeBayで入札しまくっただけ。


数字しか見ていません。価格差だけで決めていました。
とんでもなく粗いリサーチです。




先に結果を話すと、
仕入れた商品の8割は赤字になりました。

おまけに、
トラブルや問題も盛りだくさん・・・



ですが、
結果的にこれでよかったのです。
何もしないよりは失敗したほうがマシ。

実際に行動してみてわかることは本当にたくさんあります。



リサーチに関してもそうで、
一度仕入れてみることで初めて気づくこともあります。


どういった種類の商品が儲かるか、儲からないのか、
どれだけ手間や労力がかかるのか。

そういったことも実際に仕入れて初めてわかります。


リサーチの上手い人はみんな例外なく、
相当な量の仕入れをしています。


多くの商品を扱った結果、
今後の傾向を高い確率で予測できるようになって、
リサーチの精度も上がっていっているのです。



僕のように度が超えた無茶はオススメしませんが、

自分が許容できる、失敗してもいい範囲内では、
どんどんリスクを取ってでも行動するべきです。



次回へ続きます。



———————————————————–

◆編集後記◆



メルマガしばらく書いてなかったので、
読者さんとの交流の機会を作ろうと思っているのですが、
いいアイデアが浮かびません。


先行順など誰が来るのかわからないのは嫌なので
どうしようかと悩み中です。


何かいいアイデアありましたら、
教えていただけるとうれしいです。