社長になって思うこと

この記事は3分で読めます

FILE882375




こんにちは、つっきーです。



今日は、タイトルの通り、

「社長になって思うこと」

ということで
法人を設立して思ったことを書きます。





僕が法人を設立したのは先月末。


税金関係の本などを読んでいて、
そろそろ作らないといけないなと思ったのが
設立のきっかけです。



思い立ったが吉日という言葉があるように、
どうせ作るなら早い方がいい。


ということで、
さっそく知り合いに税理士事務所を紹介してもらい
取りあえず行ってみました。



これが10月の始めで、
設立できたのが10月の末と、
期間もそれほどかからず作れました。

僕の場合、
特に急いだわけではないですが、
2週間ほどでできました。




設立に必要なやることもそれほど多くなかったです。


税理士さんに言われた必要な書類を集めたのと、
印鑑を押すだけでした。


本を読んでいると難しそうな感じだったのですが、
実際は意外にも簡単に作れました。






ということで、

「社長」

になることができました。



これで名刺にも

「代表取締役」

と書くことができます。




社員もいないですし、
やっていることも個人事業でやっていた時と変わらないので、
実感が全然ないのですが、


社長の肩書きがあるってだけで、
不思議と頑張ろうと思えるようになりました。


上手く言葉にできないのですが、
見えない責任感のようなものが生まれた感じです。






僕の場合、
社長という肩書きにあまり興味もなかったですし、
人に社長と言いたいという見栄もないので、


実際に法人作る前までは、

「法人の設立は税金のため」

ぐらいにしか思ってなかったですが、



実際に作ってみると肩書きなど外面がどうこうではなく、
意識やモチベーションが自然に上がったりと、
自分自身の変化がすごくありましたね。


設立も思っていたよりもずっと簡単でしたし、
メンタル面での変化もこんなにあるのなら、
もっと早く作っておけばよかったなと思っています。




「社長」というと、
テレビで見るような上場企業の社長のような、
すごい人というイメージなのですが、
実際は誰でもなれるものです。



肩書きやモチベーションなど
目に見えない特典がいろいろあるので、
それも踏まえて法人化はいろいろなメリットがありました。


機能的な税金面以外の理由でも、
法人設立考えてみてもよかったのだと深々と思いましたね。


それなりに稼げるようになって
法人の設立を考えてもいいかなという人は、
そういう見えないものも考えて検討してみてください。


そういった感情的なものも、
意外と効果が大きいです。



会社を設立するのは簡単なのですが、
大切なのは設立してからなので、
これからはより気を引き締めて頑張っていきます。




PS:

そういえば、
昔、参加した何かのセミナーで、
月10万ぐらいしか稼いでないのに
社長だと言っていた大学生風の人がいました。



維持費で赤字じゃないのかなと思い、
どうして法人化したのか聞いてみたところ、


彼曰く、

「モテるために社長の肩書きを買った」

とのこと。


社長がモテるかどうかはわかりませんが、
そんな理由で法人化する人もいるのだと感心しましたね。






PS:

コンサルについて連絡いただいてますが、
今年中にはメルマガで募集するので待っててください。

いい投資対象だと思ってもらえるような、
サービス内容にしようと考えてます。


———————————————————–

◆編集後記◆





恋愛コンサルをしてもらっていた
No1キャバ嬢。


今までで一番頑張ったと思えるぐらい口説いて、
付き合ったのですが・・・

















2時間で別れました。笑


運悪く、タイミングが原因です。
自分でもこんなことあるんだとびっくりでした。

仕方ないとすんなり納得したので落ち込まなかったですが、
恋愛は奥が深いと、身を持って思い知らされました。


PS:

この最記録は一生破れない気がします。