コンサルティングの費用対効果

この記事は4分で読めます

IMG_6300




こんにちは、つっきーです。



ここ数日間ずっと考えていたコンサルティングサービスの内容ですが、
先ほどやっと納得がいく形にまとまりました。

かなり自信のある内容なので
申し込みを考えている方は期待して待っていてください。


レターができましたら募集開始します。
24日の予定しています。

(宣言した以上、意地でも間に合わせます。笑)




今日は、

「コンサルティングの費用対効果」

ということについて書いていきます。





まず、
僕が今までコンサルをしてもらった方。
こちらは二人います。



一人目は、西野隆さん。

ご存知の通り
23歳で会社を売却して資産10億円、
セミリタイアした現在も恐ろしいぐらい稼がれている方です。


西野さんのコンサルは、
基本的には法人相手に完全成果報酬で行っているそうで、
多いときは時給単価が数百万円になることもあるそうです。


個人コンサルの方は公に募集してないのにも関わらず、
200人ほどから100万円でコンサルして欲しいと依頼が来たそうですが、

西野さんの審査に通ったのが2%・・・

まさに、
夢のプラチナチケット状態です。


僕の場合は、
幸いにも西野さんが今ほど有名になる前に
共通の知り合いの紹介で引き受けてもらえました。


僕が西野さんにコンサルしてもらったことは、
以前、記事に書いた通りです。

該当記事
→ http://yutorichi.com/archives/357

(なぜか3億だと勘違いしていました。苦笑)





二人目は、
マッキンゼーに次ぐ
超大手コンサルティング企業で働いていた方です。

コンサルティング会社に勤めていた時は、
政府や大手上場企業を相手に1プロジェクト数百万から数千万で
受注した仕事を担当していたという正真正銘プロのコンサルタントです。

独立してからも
数千万から一億近く売り上げた案件を
いくつもやっているそうです。


この方とは2年ほど前にセミナーで仲良くなった方の紹介で知り合い、
その後もずっとお世話になりまくってます。

ちなみに、
僕が今年一番多く会ってもらっている方です。


この方にはコンサルという形でお願いしたわけではないのですが、
一緒にやってもらっている仕事を通して関わる中で
自然とコンサルもしてもらってます。


打ち合わせなどで普通に話しているだけも

「なるほどー!!」

と何度も何度も何度も思わされて、
毎回何かしらのパラダイムシフトをさせてもらっています。



実績もすごいですが、
能力や仕事内容もレベルが高すぎて

「天才」

という言葉にふさわしい方です。






コンサルティングは教材やセミナー、各種サービスと比べると
どうしても高額になることがほとんどです。

特に実績や実力のある人ほど高額になっていきますし、
人によっては1ヶ月で数百万とか取る方もいます。


実際、僕もプロのコンサルタントさんには、
相当な額を払っています。

一般的なネット起業家がコンサルを募集している額の数倍です。
えげつないぐらい高いです。


ただ、それでも払ってよかったです。
僕の投資に対する考え方の記事でも書きましたが、
払ったお金以上の価値を提供してもらえているからです。

金銭的な成果やビジネスを大きくすることはもちろん、
僕自身の人間的な成長もすごく大きいです。
よりレベルの高い考え方に近づけていっています。

かなり高額ですが提供してもらえているものを考えると
すごくコストパフォーマンスがいいものだと思っています。




コンサルティングをしてもらって感じた一番大きな変化は、
やっぱり、自分の世界観が変わったことです。

これは教材やセミナーをどんなに買っても味わえないです。
直接コンサルティングしてもらえるからこそ得られるものです。



西野さんに会うまでは、
月収100万、200万までの世界しか考えることができませんでした。
正直、億単位なんて夢のまた夢でした。



ですが、コンサルティングを通して、

何十億も稼いだ西野さんに
僕がどうすれば成長できるのかを考えてもらい、

億単位の世界観を見ることができるようになりましたし、
そのために何をしなければいけないのかもわかりました。




プロのコンサルタントさんの場合もそうです。

自分のことを理解してくれた上で、
直接結果に結びつくためのアドバイスをしてもらっています。

政府や大企業などいわゆるエリートの方達向けに
戦略をアドバイスしていた方が自分が成功するための方法を考えてくれているのです。

経験値や知識量、能力がめちゃめちゃ高い方が、
自分のために考えてくれているアドバイスなので直接結果に結びつくものばかりです。





コンサルティングはずっと先を進んでいる一流の方が、
自分が成功するための方法を一緒に考えてくるサービスです。


つまり、言い方を変えれば、
コンサルティングとは、

「自分のためだけにその人の時間と頭脳を使ってもらえる」

そんなめっちゃ贅沢な時間なのです。


自分のためだけにその人の人生の一部(時間)を使ってもらうわけですので、
どうしても高額にならざるを得ないです。


ですが、大事なのはそこじゃありません。
高額というだけで躊躇する人もいるかもしれまえんが、
大事なのは金額の大小ではなく、コストパフォーマンスです。


いくら安くても、無料でも役に立たなければいりません。
時間の無駄です。

逆に、
いくら高くてもそれ以上の価値があるならば投資すべきです。



コストパフォーマンスがプラスになるのであれば、
僕はいくら高くても払います。

100万、200万、極端に言えば貯金全部を払っても
それ以上のものを提供してもらえるのであれば躊躇なく申し込みます。

(もちろん確実に提供してもらえるのであれば)






コンサルティングを受けることによって得られるものは
金銭的なものだけではありません。


自分が今後5年、10年と長い時間をかけて
学んでいくはずだったもの、経験しなければいけなかったものを
数ヶ月、あるいは1年などの短期間のうちに習得させてもらうことができるのです。


本来であれば、
どれだけの数の失敗をしなければいけなかったのか、
それまでの試行錯誤の連続をしなければいけなかったのか、

その大変さや、数々の失敗して失うお金、必要な時間などを考えると
コンサルの金額は相対的に安いものになります。


もちろん、
一概にコンサルがいいというわけではありませんが、
高いお金を払ってもそれ以上のものを提供してもらえると思った人のコンサルは受けるべきです。


経験者に教えを乞うことは、
究極の経験や知識への投資だと僕は思っています。
すでに答えをわかっている人に聞くのが一番結果を出しやすいに決まっています。


コストパフォーマンスがプラスになるのであれば、
どんなに高額な商品、サービスでもどんどん活用していくべきです。


金額の高い安いではなく、
払ったもの以上のものを提供してもらえるのか、
お金を使うときはその視点を持って考えるようにしてください。


僕の募集するコンサルティングサービスも高額ですが、
僕を信じて申し込んでくれた方には価格以上の価値を提供します。



———————————————————–

◆編集後記◆



先日、インフォプレナーの大御所の方達と食事に行きました。
一人はテレビの特集企画にも出演した方です。


さすが大御所という感じで、
話の中でも各業界のビックネームがたくさん出ました。


プロモーション系の話題がメインだったのですが、


「〇〇(プロモーション名)はいくらいくら売り上げた」

「〇〇さんは今こんなことやってる」


といった感じでいろいろな方の実例を
詳細な数字を含めた裏側も含めて教えてもらえました。



ホリエモンも一番の情報収集は、
直接人に会って話を聞くことだと言っていましたがその通りだと思いましたね。

インターネットが発達したことで個人でも
多くの情報にアクセスできるようになったと言っても
人を介してでしか伝わらない情報はたくさんあります。


そういった生の情報を聞くためにも、
情報を持っている人とリアルでの交流を持てるよう
自分からオファーを出したりと意識的に動いていくべきですね。



コンサルではこういった
表立って言えない話もこっそりシェアします。