こだわりのある商品を選ぶと得することが多い

この記事は2分で読めます

2012-07-14 21.58.44




こんにちは、つっきーです。


今週はメルマガを毎日書こうと思い、
カフェやファミレスでパソコンを開いていたのですが
どうしても書けない。

何を書こうかと2,3時間悩んでいて、
結局決められずに時間だけが過ぎていく・・・
といった感じでした。



義務的に毎日書こうとするよりも、

「あ、これ書きたい。」

と書きたいことが浮かんだ時に書くペースが
自分に合っていると思いましたね。





さてさて、
今週の土曜、日曜は、
川島和正さん主催の川島塾セミナーに参加していました。

福岡まで行っていて昨日帰ってきたばかりです。


今回がラストセミナーだったのですが、
川島塾に1年間参加してたくさんのことを学べました。

今まで多くの教材やセミナーにお金を使ってきましたが
川島塾はその中でもトップクラスにいいものでした。



帰りのフライトを待っている間に何気なく、
なぜ川島塾が良かったのだろうかと考えていたのですが、
一つ思ったことがあります。



それが、

「こだわりのある商品を選ぶと得することが多い」

ということです。



今までいろいろな教材やセミナーを見てきましたが、

「買って良かった」

と思える商品はみんな一様に、
販売者がこだわりを持って作っている。

そんな傾向がある気がしました。




川島塾もこだわりのある運営をしていました。


川島和正さんの川島塾の運営方針が、

「一緒に遊べる友人を作る」

ということで、収益を上げることよりも、
塾生を成長させることを優先してくれていました。


具体的には、

セミナーの会場は豪華なホテルの一室を貸しきり。

無料で一流ホテルバイキングの懇談会。

参加者も川島和正さん本人が厳しく審査してくれて、
意識の高い人達だけの集まりとなっている。


セミナーの内容だけでなく、
学ぶための環境にもこだわりを持って運営してくれていました。

本来削ることのできるところまでお金をかけて、
参加者のことを考えてくれてましたので、
結果が出ている塾生が多いのも納得でしたね。




一例として川島塾を出しましたが、

「サービスの提供者が何を目的にしているのか?」

これはすごく重要です。


これを考えないで商品を買ってしまうと
損してしまうことが多いです。


詐欺的なものや品質の悪いもの、
値段の割に内容があまりないものなど、

あまりいいとは言えないものに
お金を使ってしまうことになります。




今の時代はいろいろな商品があります。

情報商材に限っても
インフォトップに数えきれないぐらい登録されています。


そのため、多くの人は迷ってしまって、
印象のいいものを選んでしまいがちですが、
それだといいものである確率が低くなってしまいます。


多くの販売者は売れるために
セールスの技術を日々磨いているので、
印象だけだと商品がいいものかどうかわかりません。


むしろ、
一円でも多く収益を上げるために
本来必要としていない人にも買わせようとしている人の方が
一見すると印象のいい販売ページを作っています。




人間は感情の生き物なので、
ついつい印象のいいものを選んでしまいがちですが、
それだと損することが多いです。

商品やサービスの内容も大事ですが、
それだけでなく販売者がどういうスタンスの人なのか?

そういうところも情報収集した上で
お金を使うようにすればいいものに出会えることが多いです。


特に大きなお金を使う時は、
セールスだけでなくその人がどんな考えでビジネスをしている人なのか、
人柄やビジネスの方針まで考えた上で決めましょう。



———————————————————–

◆編集後記◆




川島塾のセミナー後は、
15人限定の食事会に参加させてもらいました。

(ジャンケンで勝ち残り参加できました)


食事会は20時からでしたが、
その後に2次会のカラオケも行き、
結局、朝の5時まで飲んでいました。


8時間もずっと飲んでいたのは、
初めてだったので体調的に辛かったですが

カラオケでは川島和正さんとデュエットさせてもらったり、
いい思い出になりました。