全財産をかけた覚悟

この記事は3分で読めます

IMG_5498




こんにちは、つっきーです。


お待たせしてしまっていた、
個別コンサルティングサービスですが、
明日から募集開始します。

お待たせしてしまい申し訳ないですが、
その分内容に自身がありますので期待していてください。





今日は、

「自分でも稼げるようになるのか?」

ということについて書いていきます。


上記の質問をよくいただくのですが、
大事なことが違うよなと思うことが多々ありますので
それについて僕の考えを書きます。





今から6年ほど前。
僕はネットビジネスを始めるために、
全財産をネットビジネスに注ぎ込みました。


金額にして10万円。
たったそれだけと思われるかもしれませんが、
15歳の高校生にはものすごい大金です。



月3000円のお小遣い。
時給800円のアルバイト。

でコツコツ貯めた貯金です。



それをネットビジネスを始めるために、
すべて使いました。

家にパソコンがなかったので、
まずはパソコンを買うところからのスタートだったのです。

家電量販店で一番安いパソコン買ったら、
全財産10万円はなくなりました。



パソコンに関してはド素人です。
学校の授業で何度か使ったことがあるだけです。


キーボードも一つ一つ探して人差し指で押す。

ブラウザやグーグルも知らない。何それと。

ネットサーフィンすらしたことがありません。



さらに言えば、
社会人経験もないので一般常識も知りません。

毎月入ってくる収入もありません。

もちろん貯金もありません。


何にもかもない状態です。
ありえないようなレベルでのないない尽くしです。

ネットビジネスは文字通り0からの挑戦でした。


おそらく、このメルマガを読んでいる誰よりも、
不利な環境でのスタートだったと思います。





条件的には絶望的な状態でしたが、
それでも覚悟だけはありました。

絶対に稼げるようになると。




ネットビジネスに全てをかけるという思いは、
誰よりも強かったです。


「稼げるようになったらいいなー」

という願望や希望といったものではなく、
稼げるようになるのは義務であり誓いであると。
ものすごい強い覚悟がありました。



パソコンやネットビジネスに関しては、
全くのド素人でしたので人一倍失敗しました。

ありえないぐらい数多くの失敗を経験しましたが、
諦めようと思ったことは一度もありません。

暇さえあればパソコンに向かっているというほど
必死に作業したのにも関わらず、
時給単価100円以下でもです。




全財産をかけた覚悟は相当なものです。

失ったものの大きさを考えると、
辞めようなんて思えませんでした。




15歳の高校生といえば遊びたい年頃ですし、
時間はあるけどお金が無い。そんな環境です。

そんな年での10万円。

パソコンを買わなければ、
あれもこれも買えたなとついつい考えてしまいます。


10万円あったら、
本いっぱい買えただろうな・・・

10万円分お菓子を買ったら・・・

うまい棒何本買えただろうか・・・


パソコンを買うお金を貯めるために
欲しかったゲームソフトや友だちと遊びに行くのも我慢しました。




他の欲しいもの全てを我慢して、
それでパソコンを買いネットビジネスを始めたのです。

ちょっとやそっと失敗したぐらいじゃ諦められません。
意地でも稼がなければと思っていました。


成功すると口だけで言っていたわけじゃないです。
実際に全てをかけた上での覚悟がありました。

だからこそ今の自分があるのです。




「稼げるようにならたらいいなー」

と気軽な気持ちでビジネスをしている人が多いです。
口先だけで思いが全くないのです。

もちろん、
願望や希望なわけですので、
そのまま結果に現れていると思います。




大きな代償は力になります。

ネットビジネスにかける思いの分だけ、
絶対に稼ぐという覚悟は強くなります。


本気で成功しようと思っている人は、
ちょっとやそっと失敗したぐらいじゃ諦めません。

失敗しても何とかして成功しようと試行錯誤を繰り返すので、
いつか必ず成功する時が来ます。



自分でも稼げるようになるのか不安な人は、
能力や知識、実績がないから心配していると思いますが、

まずはその前に、
どれだけ本気で稼ごうという気持ちがあるのか、
そっちを先に考えるべきだと思います。


本気で成功しようと思っていれば、
どんなに不利な状況でも成功できるはずです。


———————————————————–

◆編集後記◆



今日はカラオケで仕事をしていたのですが、
他の部屋が空いていないということで、

一人で行ったのに関わらず、
最大30人入る大部屋へ案内されました。


広くて快適だったのですが、
あまりにも広すぎてそわそわしました。