「頑張った」は最低の言い訳

この記事は3分で読めます

2013-02-01 14.05.00




こんにちは、つっきーです。


一週間ぐらい仕事を休んで、

寝てばかりの生活をしていましたので、

体調だいぶ良くなりました。



しかし、不思議です。

ずっと寝ていると逆に疲れます。

身体中が痛くてたまりません。



まだ完全ではないですが、

仕事ができるぐらいには回復したので、

また今日からメルマガ書いていきます。


バリバリと仕事します。



ずっと寝ていて暇で暇で仕方がなかったです。

でも、何かやろうとしても身体がそれを許さないと。


ちょっとぐらい本を読もうかなと思えば、

2,3分でぼんやりとしてきて頭が痛くなる。


パソコンをいじろうものなら、

身体がだるくなり、ぐったりとしてきます。


ほんっっっっっっっとうに、

何もできない状態でした。


かと言って、

寝すぎてもう寝れないと。

マジで地獄でしたね。



普通の日常が送れることが、

どんなに幸せなことなのかよくわかります。

メルマガ書けるだけで幸せです。


ちょっとした何気ないことでも、

幸せを感じられるって幸せです。




人間の時間は平等にしか与えられてないです。


同じ時間を過ごすのであれば、

その中で少しでも多くの幸せを感じた方がいいですし、

多くのことを目標を達成した方がいいに決まってます。



今回、あまり仕事ができない状態になりましたが、

仕事にそこまで影響はありませんでした。


時間的には普段よりも

グッと減らさざるを得なかったので、

必要最小限のことしか出来ませんでしたが、

それでも十分回りました。


普段いかに無駄なことを

やっていたのかがわかりました。


必要なことだけに絞れば、あまり時間をかけなくても、

同じ成果を出すことができると思い知らされました。




ビジネスって完全成果報酬の仕事です。

自分が生み出した価値がそのままお金となって返ってくる。


価値を作り出すのが重要であって、

どれだけ時間をかけたかなんて全く関係ない。


価値さえ生み出すことができるのであれば、

極端な話、一日1分しか働かなくてもいいわけです。


なのに、なぜか、

長く働けば働くほほどいいはずだという、

思い込みがどうしてもあります。



「自分は頑張っている」

これは自己満足するための言い訳にすぎません。


僕自身がそうなのですが、

普段はわかっていてもつい忘れてしまい、

努力を美化してしまいます。



「頑張った」

とか起業家として最低の言い訳なのに関わらずです。



少しでもいい結果を出すために、

より多くの時間を仕事に当てていては進歩がないです。

時間の切り売りで稼いでもしょせんはその場しのぎです。



時間をかければ、

その分結果が良くなるのは当たり前です。


思ったような結果を出せない言い訳をしてないで、

どうすればより結果に繋げられるのか考えるべきです。

僕らはもっと頭を使わないといけません。



もちろん、

ビジネスを組み立てる最初の時期は、

莫大な量の時間と努力と根性で乗り越えるべきです。


ですが、

いつまでも努力と根性でやっていたら、

その先の進歩はありません。


ある程度稼げるようになってからは、

繰り返し時間の切り売りで同じことをやるのではなく、

頭を使うことで別の形にしていくべきです。




楽をするために自動化したいと思っていましたが、

ヘタレな理由だったなと反省です。



自動化や効率化はビジネスを

大きくするために絶対に必要になってくるものですし、

今回の風邪のように自分に何かあった時に、

自動化ができていないと大変なことになります。



自分がいなければ回らないビジネスをしていたら、

自分が動けなくなると同時にビジネスも崩壊しますし、

無理をしてでも働かざるを得ない状況になります。


自分の人生が、

ビジネスのための人生になってしまいます。


ビジネスはあくまで、

よりよい人生を送るための手段ですので、

逆になってしまっては残念でしかありません。





PS:

ビジネスを組み立てる時期にいる方は、

自動化は一切考えなくていいです。


ある程度軌道に乗るまでは、

莫大な量の時間と努力と根性で乗り越えてください。

自動化や効率化はその先にあるものです。


時間の切り売りだろうが、

効率が悪かろうが、

収益を上げることに集中です。




◆編集後記◆




今日、軽自動車が買えるほどの金額を支払い、

ある方のサービスに申し込みしました。

人生最大の買い物です。



手元のお金を一度手放し、

成長して新しい視点で世界を見る。

そして、さらに大きな額を稼ぐ。


自己投資のプラスの循環です。



詳しくは明日の記事で書きます。