「やりたいこと」と「やるべきこと」

この記事は3分で読めます

2012-08-25 11.27.22




こんにちは、つっきーです。



「先月40万円達成しました!」

「10万円の利益が見込める商品手に入りました!」


昨日は、コンサル生から成果報告を聞いて、

一日中幸せな気持ちで過ごせました。


順調に結果を出してくれて何よりです。



コンサル生さん達に教えていて思うのですが、

基礎を固めて一度コツを掴めた方の、

その後の成長は早いです。



物販は単純作業の繰り返しで、

成り立っているので特にそれが顕著に表れます。


一連の収益化の流れを体験して、

自分の中で把握できたら、後は簡単。


資金投下して作業量を増やすだけで、

収入はうなぎ登りに増えていきます。



ただ、最初の段階である、

稼ぐパターンを身に付けるまでが大変です。


コンサル生さんに教えていても、

人によっては最初の壁を中々乗り越えられないので、

どうにかしなくてはと思っています。




さて、

最近は、やることを詰め込みすぎているため、

時間に追われる日々を過ごしています。


時間が売っていたら、

大きなお金を出してでも買いたいです。



気持ち的には、

本を読んでのんびりとしていたいのですが、

実際は全然読めていません。



「読めていない」

のではなく、

「読んでいない」

が正しい表現ですね。


読もうと思えばいつでも読めるのですが、

他にもっと優先してやるべきことがあるため、

後回しにしています。



先月も50冊以上買いましたが、

ほとんど読んでいないまま放置状態です。


ちゃんと読んだ本は、

まだ4,5冊というところでしょうか。


今月もちょこちょこ注文しているので、

どんどん読めていない本が溜まっていきます。



やりたいことを全部やっていたら、

時間はなくなります。


人間、一日の時間は限られているため、

やることは選ばなくてはいけません。


ほとんどの人は、

自分のやるべきことをわかっていないため、

その場の流れでやりたいなーと思ったことをやります。


自分の軸や目的がないためです。



本気で稼ぎたいと思っているのであれば、

目的を達成するために計画を立てて、


「やりたいこと」

よりも先に

「やるべきこと」

に取り組むべきです。





時間管理は今やっている作業を、

もっと効率よくできるようにする方法ではなく、

必要ないことをやらないことです。


無駄なことを効率よくこなせるようになっても、

何も結果は変わりません。




今まで時間に対する考えが甘かったなと思い、

時間管理に関する本もたくさん買ってみたのですが、

パラパラと軽く目を通して違うなと。


どの本も似たような感じで、

作業を効率よくやるための方法について、

書かれているんですよね。



なぜ、仕事ありきなんでしょうね。


まず、効率化をする前にその作業を

本当にやる必要があるかどうか検討すること無く、

始めからやることが決まっているのが前提。



誰かに雇われていて、

与えられた仕事をこなすのが目的なら、

その仕事が必要かどうかを考える必要はないです。


時間管理術を使って効率よくやるだけ。




ただ、自分で稼ぐために作業をするのであれば、

今やろうとしている作業が何のためにやる必要があるのか、

行動する前に一歩立ち止まって考えるべきです。


これはすごく大切です。



何となく大事そうだからと言って、

目に入ったものや頭に浮かんだものを適当にやっていたら、

あなたの頑張りは中々結果に繋がりません


無駄なことをを一生懸命にやっても、

頑張ったという不毛な満足感と疲労しか残りません。



人生において一番大切な資源である、

時間を浪費してしまわないためにも、

余計なことをやっていてはいけません。


目的から逆算して考えていき、

最低限必要な作業だけをやるようにするべきです



時間あたりの生産性を最大化しようと、

時間を区切ってスケジュールをみっちりと埋めても、

作業内容を仕分けしていなかったら意味が無いですからね。



ビジネスでは結果に繋がること

「だけ」

に絞って進めていくべきです。



もちろん、

やることを100%は現実的に無理ですが、

少なくても計画を立てて検証するぐらいはやるべきです。




時間は有限です。

もっと言えば時間は、

自分の命であり、人生そのものです。


こういうことを考えると、

一分一秒ですら後悔のない使い方をしようと思うはずです。


一度きりしかない人生の一部を使って、

何かをするわけですからね。



自分の人生を最高にすることは、

日頃の何気ない時間の使い方から始まります。

自分の人生に相応しくないことに時間を使うのはやめましょう。



稼ぐなら、全力で稼ぐことに集中する。

遊ぶなら、心から楽しいと思えることをする。


何をするにしても全力で取り組むべきです。

なあなあな気持ちでやっていたら記憶にすら残りません。

存在しない時間と同じです。



「やりたいこと」と「やるべきこと」

を曖昧にしてしまうとどっち付かずで、

どちらも上手く行きません。


中途半端なままです。


「やりたいこと」と「やるべきこと」

はしっかりと分けるべきです。



思うことをいろいろと書きましたが、

究極の時間管理というのは、

自分の時間を大切にすることだと思います。


この視点から考えていけば、

時間管理はよりよいものになります。



◆編集後記◆


今日で都内に行く予定はすべて終了。

1日だけですが、ゆっくりできます。


仕事しますけどね。