モチベーションはいらない

この記事は4分で読めます

24642_508976485822031_2004848886_n




こんにちは、つっきーです。


今、香港に来ています。


輸入ビジネスの事業を立ち上げている、

飲食店のオーナー社長さんに誘ってもらい、

7日から来ていて、12日まで香港にいます。


「チャンスが来たら迷わず手に入れる」

このフットワークの軽さは、

人生を上手くいかせるための大事なポイントです。



今回、香港に来て思うことがあったので、

そのことについて書いていきます。


普段から漠然と感じていたのですが、

人間、合理的に行動するのは難しいですよね。


どうしても感情の生き物ですので、

頭で考えた通りに動くのはなかなかできないです。


今回も香港旅行(視察)に誘ってもらった時、

絶対に行った方がプラスになると思ったのですが、

その考えと一緒に「面倒だな」という気持ちもありました。


オーナー社長さんを始め、

オフラインで稼いでいる経営者さん方と

5日間も一緒にいられるわけです。


通常、成功されている方と時間を共有させてもらうためには、

それなりの対価が必要となることが多いです。


ビジネスツアーやコンサルティング、勉強会など、

少人数の密度の濃いサービスはいずれも高額です。


今回のように何日も一緒にいるようなものでしたら、

相当な金額を払わなければ参加できないわけですし、

オーナー社長さんの実績を考えるとなおさらです。


そもそも、募集されていないものなので、

いくらお金を払うからと言っても、会えないわけですが。


そんな貴重な体験をさせてもらえる旅行に、

自分の旅費だけで参加させてもらえる提案をもらったわけです。



普通、こんな機会はなかなかないです。

誰かがそんな話をしていたら迷わず行くだろうと思うのですが、

自分となるとまた別なんですよね。


はい、、、

行くための予定の調整や準備やらが面倒なんです。

困ったものです。



まず、日程をあけるために、

他の予定を全部調整しなければいけません。

今月はただですらやることが多くて忙しいのにも関わらず、

5日間も日本を離れるわけですのでかなり大変でした。


今月前半は毎日のように都内まで行っていて、

バッタバッタしてました。



また、香港旅行のための準備もしなければいけません。

航空券やホテルを取るのはもちろん、

事前にガイドブックを見て予定を立てたり、

旅行中に必要なものを買いそろえなければいけません。



こんな感じでやることがたくさん増えるため、

正直なところ「面倒」なわけです。


わざわざ香港にまで行かないでいつも通りの生活をしていれば、

楽だよなーと思ったりしました。



誘いのメールをもらったときも、

二つ返事で行きますと言ったものの、

小一時間考えた上で返信したわけです。


絶対に行った方がいいと頭ではわかっているものの、

ついついその場の感情に流されてしまいました。


まあ、最終的にはこうして香港に来ているんですけどね。



こうやって人の話を聞いていると、

行かない選択肢を考えるなんてありえないだろうと思う人もいると思うのですが、

実際に自分に置き換えた場合だと違うものです。




コンサルティングや人と会った時などに、

「つっきーさんのモチベーションを保つ方法を教えてください」

「どうしたらつっきーさんのように行動できるんでしょう」

と、よくモチベーションについて相談されるのですが、

僕はそんなにモチベーションの高い人ではありません。



いつでも元気はつらつでサッーサッーと動けるような、

特別なモチベーションアップ方法など知りません。



明らかにやった方がいいとわかっていることでも、

なんだか気持ちが乗らないな。と思うことはしょっちゅうあります。



自分の中で100%やるべきだと納得してわかっているけど、

面倒だし後でいいかなと思ってしまうこともあります。


僕だって普通の人間です。

面倒なものは面倒だと思いますし、

感情を無視して機械的に淡々と作業を進めていくことはできません。



ただ、僕はその場の感情に流されるのではなく、

長期的にみてどうするのがいいのかを一度考えて判断をします。



面倒だなと思ったことでも、

冷静に考えてやった方が得だと思ったら、

だるいなーと思いながらも手を動かします。


必要なことは気持ちに関係なく、

とにかく行動をすることにしています。


何でもそうですがやりさえすれば結果は出ます。

どれだけ気持ちが落ちていても手を動かし続けていれば、

どんどん作業は進んでいきます。


やりさえすれば結果は出るのです。

とにかく、必死になってやればいいんです。



僕も輸入ビジネスを始めた時は、

オークファンとebayを往復するリサーチが嫌で嫌で仕方がありませんでした。

ネットショップの商品登録も100件ほどやったところでうんざりしました。


ただですね、

やる気が全くなくなってからも作業をし続けました。



口では「もうこんなことしたくない」と言いながらも、

ひたすら手を動かし続けていました。



モチベーションが無いから作業ができないんだと悩んでいる方が多いですが、

本来、行動するためにモチベーションなどいらないのです。


僕のようにモチベーションが0でも、

ビジネスが大嫌いで二度とやりたくないと思うほどうんざりしようが、

気持ちを無視してやりさえすればいいわけです。




もちろん、

常にモチベーションが高い状態でできた方がいいですよ。

無いよりあった方がいいに決まっています。



ただ、それは理想論にすぎません。

好きなことをやっても結果の出せる実力のある人や

既にある程度上手く行っていて自由度が高い人であればできます。



ただ、

何の知識も経験も無い素人が、

モチベーションが上がる仕事をしたいと言ったところで無理です。

嫌なことを避け続けているからいつまで経っても結果が出ないのです。



自分でビジネスをして大きなお金を稼ぐのが目的なのに、

楽しく好きなことをしたいと言っているようであれば、

考えが甘いです。



まだ結果を出せる力を持っていない始めのうちは、

どんなに辛かろうが我慢すべきです。



辛い作業を乗り越える過程で知識や経験が身に付いていって、

だんだんと楽にできることが増えていくのですから、

最初は嫌なこともひたすら頑張らなければならないです。



最初の辛い段階に向き合わないで、

始めのうちから楽なことしかしなかったら、

いつまでも成長しないですし、結果も出ません。




人間はどうしても気持ちがありますので、

何をするにしても自然と楽な方へと流されてしまいがちですが、

そのまま流されていたのでは思うような結果になることはありません。



感情のままに何をするのか決めるのではなく、

一歩立ち止まって冷静にどうするのが得なのかを考えてから行動すべきです。



気持ちを無視して嫌だと思うことをやることには、

少なからず抵抗や葛藤があって辛いかもしれませんが、

望む結果を手に入れるために必要とあれば我慢すべきです。



行動した人にしかチャンスの女神は微笑んでくれません。

モチベーションが無くても割り切って行動してください。

どんな形であろうと行動さえすれば結果は出ます。

-

◆編集後記◆


業務連絡になりますが、

帰国までSkype確認できない状態ですので、

連絡のある方はメールもしくはFacebookでお願いします。