吉原に行ってきました

この記事は4分で読めます

IMG_0611



吉原に散歩に行ってきました。
(アダルト系の話は無いです)


吉原は日本一のソープランド街で、
ソープランドは女の子と本番ができるお店です。

前々から名前だけは聞くので、
どんなところなんだろうかと
興味があったので行ってみました。

吉原のお店ではなく、
「吉原という場所」に興味がありました。

一体、どんなところなんだろうと。



まあ、行ってみた感想としては、
「別に普通のとこじゃん」
という感じでしたね。

よくある大都市の外れにある
昼間の人がまばらな繁華街と同じようなところでした。



ソープと言えば吉原。
ってぐらい有名ですので、
「きっとハレンチなすごいところなんだろうなー」
と思っていたのですが、
全然そんなところじゃなかったです。

本当に普通の町並み。
駅から少し歩いた過疎った場所と変わりません。

「今まで見たこともないようなとことだろうなー」
と、少し期待していただけにがっかりでした。

あ、お店は行ってません。
ただ散歩しに行ってきただけです。笑

てか、風俗嫌いですので。
ソープも行きたいって思わないです。

風俗全般ですが、
普通に高くないですか?

僕の主観ですが満足度に対する
コストパフォーマンスが悪い印象しかないです。

雑誌やらネットでさんざん調べまくった時期もあって、
基本知識はやたらと詳しいですが、
風俗の良さが全然わかりません。

個別の意見も知るために
夜のお店で働いている人や風俗好きの人のブログを1ヶ月ほど毎日見ていて
30個ぐらい過去記事を一つ一つたどって全部読んだり、
直接話を聞かせてもらった方も何人もいたりします。

興味を持ったことへの
リサーチはめっちゃする性格ですので。

もちろん、知識と思い込みだけで
判断するのは良くないだろうなと思っていますので、

取りあえず何事も経験と、
ソープもあまり気乗りしないまま人生経験のためと割り切って
仕方なく?実験として行ってみたこともあります。

しかし、案の定と言いますか、
ただでさえ無いに等しい期待を
(いろいろな悪い意味で)大きく下回ってくれて、
思っていたよりもずっとひどかったです。

「ああ、何でこんなところ来たんだろう」
って感じでしたね。苦笑

失敗とわかっていることを
確かめるためにやってみた感じでしたので、
帰ってきてからはしばらく自己嫌悪でした。


例えるなら、
冷蔵庫に1年ぐらい放置してある卵を見て、
「絶対に腐ってるだろうなー」
と見るからにわかるのに関わらず、

実際はどうなんだろうと
わかりきったことを確かめるために、
わざわざ食べて予想通りお腹を壊す。
みたいな感じです。笑


僕はソープもう二度と来ることは無いですね。
少なくても自分の意思で来たいとは思いません。

好きな人は好きでいいと思うので、
否定するつもりは無いです。

僕には合わないだけですので。


話が脱線しました。

「じゃあ何のために吉原まで行ったんだ?」
って言われたら、ただの観光です。

僕の中では前々から行ってみたかったところに
遠足に行くような気分でした。

社会科見学で吉原へ!
的な感じでしょうか。笑

何人もの呼び込みの人に
「もういいから」
ってぐらい声をかけられたり、

お店は行かないって言っているのに関わらず、
「写真だけでも見てって」
とカフェ風の案内所に入れられて説得されたりと
本来とは別の意味で面白かったです。

普通の町並みでがっかりでしたが、
それはそれで
「吉原ってこういうところなんだなー」
って知れただけでもいい経験でしたし、

実際に経験してみないとわからないことって多いですからね。

一見無駄としか思えないようなことでも、
経験として自分の中での世界を広げるのに役に立つものです。


今回のようにお店に用もないのに
わざわざ吉原まで散歩に行くのも、
一見すると時間と労力の無駄でしかないですよね。

ただ、実際に行ってみることで
得られるものは数え切れないほどあります。

多くの人は無駄なことをできるだけ避けようとしますが、
それゆえにかけがえの無い経験を手に入れ損なってしまっています。

中途半端に得しように生きているからこそ、
周りの人や常識に流されていて
物事を固定して見てしまっているのです。


「ネットビジネスで最短最速で稼ぐ!」
とかですね。

(今有効な)ノウハウが通用する間は、
イケイケゴーゴーですが、
何かしらの影響でノウハウが使えなくなった時に
基礎を築いて無いから一気に死滅。

普通の苦労する道「も」知った上で
より効率のいい近道を使うのはいいです。

しかし、
近道「しか」知らないのは、
危ういものです。

ちょっとした影響ですべてを無くしてしまいかねないですからね。

「稼げるノウハウが知りたい!」
「モテるノウハウが知りたい!」
って人が多いですが、

しょせんノウハウなんてものは、
小手先のテクニックや近道でしかないですからね。

瞬間的にベストを生み出すための
部分的に特化された偏った手法でしかないわけですので、
結果は一時的にしか出せません。

特にノウハウだけでどうこうなってしまう魔法のようなものは、
いわゆる、ドーピングと同じです。

薬を飲んで一時的に最強になれるけれど、
反動で効果が切れたら身体がボロボロになるみたいな。

表面だけを取り繕っただけで
中身の無い張りぼてと同じですから続くわけが無いです。

結局のところ長い目で見たら
知識や人生経験の豊富な
本質的にレベルの高い人が勝つに決まっています。

ノウハウだけでどうこうしている
中身が無い人に対して、
お客さんがお金を払ってくれたり、
異性が好きになってくれたり、
するわけがないですよね?
って話です。

お金を払ってノウハウを学べば解決!
ってほど人生は簡単なものじゃないですからね。

ノウハウを学んだり近道を求めるのは悪いことではありませんが、
安易にノウハウ「だけ」に頼るのは、
脆いですから将来的に足元をすくわれかねません。

ノウハウが使えるうちはいいですけど、
魔法の効果が切れた瞬間ジエンドなわけですからね。

得たい結果に見合うような人になるために
自分自身を成長させなければ
永続的な成功は得られません。

僕は徹底して合理主義がゆえに
人生全体を豊かなものにしようと
あえて無駄だと思えるようなことも受け入れているわけです。

中途半端に楽をしようっていう
短期目線の残念な人は、
ちょっと先のところまでしか考えが及んで無いのです。

で、それゆえに(一時的な)成功の先にある
将来的な破滅に気付かないまま向かっているわけです。

僕が行きもしない風俗のことを
その辺の風俗好きの人の何倍も調べたりするのも、
無駄を無駄として見ていないからです。

と言いますか、
僕にとっては無駄だと思っていません。
自分を成長させてくれる有意義な経験の一つです。

ある人にとっては無駄なもの。
一方で僕にとっては成長させてくれるもの。

同じものを見ていても、
見ているものが違うのです。

明日のことだけを考えているのか、
1年先のことまで考えているのか、
10年後、20年後のことまで
見据えて考えて生きているのかでは、
当然、同じものを見ていても見えるものは全然違ってきます。

ステージとかフィルターとか暗黙知とか
人によって表現する言葉は違いますが、
言いたいことは同じです。

普通の人が価値を感じないものからも
価値を見出すことができるようになるのです。

この先の話は一人一人に合わせて
主観を合わせて説明しないと伝わらないのでこの辺で。

興味ある人は会った時にでも聞いてください。


ps:
吉原へ行ってみてから思ったこと。

「吉原見てみたいっていうのだったら、
Googleストリートビューでよかったじゃん!」

自分自身の情弱っぷりに悲しくなりました。苦笑



PS:
僕の恋愛観に興味を持ってくれたら、
こちらもぜひ読んでみてください。


22歳までに成し遂げたこと-恋愛編-
⇒ yutorichi.com/archives/9319

僕のこれまでの恋愛の歩みをまとめまた記事です。
読みものとしておもしろいと思います。