24時間で1億6000万円稼いだ方のお家勉強会

この記事は3分で読めます

IMG_6305




こんにちは、つっきーです。


久しぶりのメルマガ執筆です。

メルマガしばらく書いていませんでした。


もう2月終わってしまいましたが、

いろいろとやっていて本当にバタバタ。


仕事も遊びも詰め込みすぎて、

時間を作るのが大変でした。


充実した忙しい毎日だったわけですが、

頻繁に通っていた場所があります。




都内某所にある、

「24時間で1億6000万円稼いだ方の家」

です。


正確には家と言うより、

シェアハウスのような感じで、

起業家、投資家の方が何人かで使っている場所です。



住んでいるメンバー以外にも、

連日のようにゲストとしていろいろな方を迎えて、

みんなで少人数セミナーやグループコンサルをして、

お互いに学びを深め合ったりしているそうです。


まるで秘密の勉強場のよう。


僕も誘ってもらい先月は、

先々週、先週と2回お邪魔させてもらいました。

(あまりの環境の良さに引越したので今日もいます)




先々週の集まりは、

テーマが「制約理論」



制約理論について簡単に説明すると、


赤字3000億円の企業へ業界を知らない

30歳の若いコンサルタント一人で行って、

その日のうちに黒字化の提案した時にも使われた方法で、


1日で200万円のコンサルフィーを取る

経営コンサルタントも使っているそうです。


今の僕からすると遠い話です。



制約理論は、製造業で使われることが多いのですが、

それを自分たちの生活にどう取り入れていくか、

参加型セミナーのような形で意見や事例を出し合いながら勉強。



一緒に勉強したのは、

24時間で1億6000万円稼いだ方を始め、

FXで月収3000万稼ぐ主婦の方や、

アフィリエイトやコンテンツの事業経営者など、

ビジネスや投資で早々たる結果を出されている方々。



実力者の集まりなのですが、

キチッとしたかしこまった感じではなく、

みんなでわいわい雑談しながらの勉強会ですので、

制約理論の他にもいろいろな濃い話が聞けました。




●2年でグループ企業20社以上、

年収2億円になった方が実際にやった方法

●セミリタイアする際に住む国はどうするか

●1000億円規模のファンドを作るための構想

●24時間で1億6000万円を稼ぐまでの過程と裏側

・・・など。


雑談で出てくる話がすでに桁が違う話ばかりで、

話を聞いてるだけでもお金の概念が変わります。



他にもプロモーションの電話相談で、

30万、60万もの高額商品を制約させるところを、

リアルタイムで見させてもらったりと、

裏側を教えてもらったりもしました。


話を聞いている間は、

ずっと感心してばかりでしたね。



その中でも特に「これはすごい!」と思った話が、

ある方が販売した高額塾の先の展開です。



この高額塾はフロント、バックエンド合わせて、

総額5億円以上売れ、大ヒットしたもので、

ちょこちょこ販売者側の話も聞いていたのですが、

僕の考えのはるか先を行っていました。


長くなるので詳しい話はまた別の機会にしますが、

5億円稼いだ企画がフロントエンドの位置付けだったのは

年に一度あるかないかの感銘を受けましたね。



それだけ考えの深さがあるのであれば、

当たり前のように億単位で稼げるなと思うほどです。


実際の詳細も教えてもらいましたが、

「稼ぐべくして稼いだ」

そんなプロ意識を感じる内容でした。


外から見るとたまたま上手くいったように思えるのですが、

企画した本人は当たり前のように億を稼ぐ算段があった上で、

その先の本命を考えていたわけです。



販売した某方へ尊敬の念を持った一方で、

自分の思考の浅さを感じましたね。


もちろん、今回話を聞くことで、

狙って億を稼ぐプロと自分の視点の違いがわかったので、

その差を埋めていけば自分もそのレベルへいけるなと。

そういった確信を持つことができました。



ビジネスの奥深さや

これからの目指すべき方向がわかりました。



たった一日だけでも人生の方向性を

ガラリと変えてもらえるだけのインパクトでしたね。



先週、きのうと、

さらに衝撃的な話があったわけですが・・・

(長くなるのでこの話もまた別の機会に書きます)




まとめますと、自分のステージを上げるためには、

既に目指すべきステージに行っている人と会うのが一番早いです。


特に意識の高いコミュニティはオススメです。

この意識の高いというのが重要。


ダメな人同士が集まると生産性のない、

なあなあな関係になってしまって逆効果なので、

メンバーの選定が大前提となりますが、

お互いがプラスの循環へ入れる便利な方法だと思いましたね。


インプットとアウトプットが同時にできていいなと。


僕を起点としたコミュニティを

作ってみてもいいなとも思いました。


どんな形がいいのか考えてみます。



◆編集後記◆


3月もバタバタになりそうです。

すでに5日~17日までの予定がびっしりと入っています。

今月中にやることもたくさんです。


自分がやりたいことが見つかり、

自分の成長を実感できている忙しさなので、

うれしい悩みです。