キャバ嬢の元カノとモテない人の特徴

この記事は7分で読めます

ffffffff



こんにちは、つっきーです。


寒くなってきて風邪っぽくなったと思ったら、
気付けばもう11月なんですね。

「大人になると時間が過ぎるのも早くなるんだな」
というのを身を持って実感しています。


今日は久しぶりに、
恋愛について書いていこうと思います。

最近になって、
恋愛相談をされる機会が増えたのですが、
そろそろクリスマスの時期ですもんね。

とある知人が、
「クリスマスは女のバーゲンセール」
と言っていたのを思い出します。



さて、
ちょうど2年ぐらい前のこの時期、
キャバクラで働いている子と付き合いました。

僕が二人目に付き合った子で、同い年の21歳。

見た目がキレイ系の派手目でギャル風。
だけど、めちゃくちゃ頭がいい。


簡単な馴れ初めは、みんなで会っていて、
だんだん二人で連絡を取り合うようになりました。


お店に通って落としたとかではなく、
たまたま付き合った子がキャバ嬢だった感じで、
その子の働くお店に行ったことは一度もありません。

キャバクラや夜のお店自体、
一度連れて行ってもらったことがあるだけで、
全然わからなかった時期です。

(今も全然行かないですけどね。お金がもったいないです)


お店での売上はナンバー1になることも多く、
お客さんがストーカーになったりするなど、
とにかくモテる子でした。

「(当時の自分が)よく付き合えたなー」
と思うような相手なのですが、

出会った時は自分でも、
「まあ、無理だろう」と思っていました。


勝手な先入観で付き合えないと思っていたため、
ある意味自然体で接していました。

「どうやったら女遊びできますか?」
とか
「ナンパしてヤれるって本当にあるんですか?」
みたいな、

「それ、女の子に言うことじゃないだろう」
というゲスなことも普通に聞いていました。


まあ、若気の至りです。

なんだかんだで付き合えましたし、
結果良ければすべて良しです。


この子にはいろいろ教えてもらえて、
本当に勉強させてもらえました。


普段から経営者や著名人など、
たくさんの人と接していたこともあり、
とにかく頭のいい子で、

普通に話しているだけでも、
なるほどなーと思うことも多かったです。



今回はモテない人の特徴について。


頑張っても恋愛が上手くいかない人は、
自分の気持ちがいっぱいいっぱいで
相手のことが見えていないことが多いです。


・振り向いて欲しい
・もっと一緒にいたい
・もっと自分のことを知って欲しい
・自分のことを大事にしてもらいたい
・いつでも連絡を取れるようにして欲しい
・自分がどれだけ頑張っているかわかって欲しい


これ、全部自分の都合ですよね。

自分のことに集中してしまい、
相手の気持ちが見えなくなってしまったのでは、
恋愛は上手くいきません。


両想いになっていたら自分の好意に、
相手も答えてくれるかもしれませんが、
片思いでしたら好きな気持ちが喜ばれるとは限りません。

一方的に好きになって、
自分の好きな気持ちを押し付けたら、
相手にとっては迷惑以外なにものでもありませんからね。

何とも思っていない相手に、
好き好きオーラ全開で迫られたらどうでしょう?

どうでもいい人から頻繁に連絡が来て、
返事を求められたら面倒じゃないですか?


気を遣ってしまうでしょうし、
申し訳なく思ってしまう人もいるはずです。

相手の気持ちを考えていないと、
結果的にどん引きされたり、距離を置かれてしまうなど、
悲しい結末になりかねません。


「自分が~」「自分が~」では、
恋愛は上手くいかないものです。

自分がどれだけ好きなのかなんて、
相手にとってはどうでもいいですからね。



「これだけ尽くしたのに・・・」

「これだけお金を使ったのに・・・」

と言う人がいますが、
それは全部自分の都合であって、
相手に見返りを求めるのは違うのではないでしょうか。



高級なお店の食事をご馳走したからといって、
その後、身体を許してくれるとは限りませんし、

欲しい物を何でも買ってあげたからって、
付き合ってくれるかどうかはわからないわけです。


お店にどれだけ通ったとか、
プレゼントくれたとか、どれだけ貢いだとか、

「そういう問題じゃないでしょ」
と元カノもよく愚痴ってました。



ビジネスでも同じことが言えますよね。

自分がどれだけいい商品だと思っているものでも、
欲しいと思っていない人に「買って」「買って」と
売り込んでいたらどうでしょうか?

本当にその商品が本当にいいものであったとしても、
うっとうしいだけじゃないですか。

欲しくもない商品を売り込むメールがいっぱい来たら、
迷惑メールボックス行きか配信解除ですよ。


相手の都合もありますからね。

お客さんが必要になったり、欲しくなったら、
全く売り込まなくても向こうから来て買ってくれます。

興味の無い相手に対して、
必死にアピールをしても多くの場合、
嫌がられてお終いです。


恋愛にしてもビジネスにしても、
人間関係では得てしてタイミングが重要です。

適切な時が来るのを待つことも必要です。


同じことをするにしても、
喜ばれることもあれば、嫌がれることもあるわけです。

全く同じ言葉、同じ行動であっても、
うれしい時と迷惑な時ってありますよね。


お腹が空いていて何か食べたい時に、
お菓子をあげたらすごく喜ばれるでしょうし、

逆にお腹いっぱいで何も食べたくない時に、
お菓子をあげたら嫌がられる。

と言えばイメージしやすいでしょうか。


タイミングの他にも、
誰にされるのかにもよるわけです。

女友達がしてくれるならうれしいけど、
男の人にされると引くみたいな。

他には、
「ただし、イケメンに限る」
ってやつがそうですよ。

カッコいい人や好きな人だったら許せるけど、
何とも思っていない人だったら、ただキモいだけみたいな。



それと女の子の言っていることを、
言葉のまま真に受けるのもよくないです。

女心と秋の空って言葉があるように、
女の子って気まぐれですからね。


「(バックを見て)これ欲しいー」
と目をキラキラさせて言っていたものでも、

いざ、プレゼントしてみたら、
そんなに喜んでくれない。

という苦い経験をしたことが、
一度はあるのではないでしょうか?


これはいろいろ理由がありますが、

その時は欲しかったけど、
プレゼントするタイミングでは、
もう欲しくなくなっていたとかです。


例えば、
Aアクセサリーが欲しかったけれど、
友達がBアクセサリーを持っているのを見て、

「AよりもBの方がかわいい」
「あたしもBの方が欲しくなっちゃった」

とか、そういう心境の変化が
自分の知らないところで起こっているわけです。


友達との雑談であったり、
雑誌やらテレビを見ていてとか、

いろんなものから影響を受けて、
女の子の心は常に揺れ動いていますからね。


朝のテレビで見た占いのラッキーカラーじゃ無いとか、
そういった非論理的な理由でも、
簡単に女の子の気持ちは変わるものです。

中には「なんとなく」とかいう、
男には全く理解できない理由もあるので、
女の子に理由を聞いても無駄だったりします。

そういうものなんだな、
と割りきって考えているのがいいです。


意外とわかっていない人が多いのですが、
女の子の本音と建前を知るってすごく大事です。

わからないで建前を言葉の通り受け取ると、
何かと振り回されたり、私の気持ちをわかってくれない、
と言われますからね。

男には宇宙語のようなものですが、
一度ちゃんと教えてもらって、
自分の中で脳内変換できるようにしておくといいです。

変に期待することが無くなったり、
喧嘩することがなくなったりと、
女の子とのコミュニケーションが円滑になります。




何度も言いますが、
そもそもとして恋愛って人間関係なわけです。

コミュニケーションです。


恋愛についてネットで調べると、

「女を100%落とせる魔法のセリフ」
「女を引き寄せるなんちゃらテクニック」
「狙った女が簡単に手に入る方法を限定公開」


とかいう広告やサイトがわんさか出てきますが、
「馬鹿なんじゃないのかな」
と思えて仕方がありません。


わかりやすい方法論ほど売れるので、
ビジネス的にはいいんですけどね。


ただ、常識的に考えてそんなものが、
あるわけが無いと思わないのでしょうか。

たかだか数万、数十万払うだけで、
恋愛が上手くいったら苦労しないですからね。

友達でキャバ嬢に2000万円貢いだ人がいますが、
それほど恋愛の悩みって深いものです。


恋愛本や恋愛教材といったものは、
これまでさんざん見てきたのでよく知っていますが、
ノウハウやテクニックの紹介ばかりなんですよね。

実際、モテない人というのは、
それ以前の問題だろうって人が多いのにです。

ノウハウやテクニックを学ぶのは、
モテる人がさらにモテるようになるために役に立ちます。

でも、基本すらできていない人が、
いくらノウハウやテクニックを学んだって、
何も変わらないですからね。

算数すらもちゃんとできない小学生相手に、
微分積分を教えているようなものです。

チンプンカンプンで、
何も理解できないでしょうからね。

表面的なことだけを真似して実践しても、
どういった原理で有効なのかがわかってないと意味がないです。

ノウハウやテクニックは使えるものもあるわけですが、
あくまでも適切な人が適切なタイミングで使って、
初めて結果が出るものです。

恋愛が上手くいかないと悩んでいる人は、
まずはコミュニケーションの基本から学ぶべきです。




すごい当たり前のことですが、
恋愛では一人の人間を相手にするわけです。

一人一人考え方も価値観も違いますし、
それぞれ感情のある生き物ですので、

機械やゲームのように、
決まったことをすれば決まった結果になることはありません。


だからこそ、
相手のことを理解していくことが大事ですし、
相手に合わせていくことが必要となってきます。

ここで言う合わせるというのは、
相手の言っていることを鵜呑みにするんじゃなくて、
相手の気持ちを動かしていく視点です。

気持ちを動かすと言うと言葉が悪いかもしれませんが、
要は、相手の気持ちに沿って、
適切なアプローチをしていくということ。

その場その場で言葉や行動を選んでいく感覚です。


例えば、女の子と会う時に、

「今日の服似合ってないね」
と言ったら、相手の子は不機嫌になるだろう、
ってのは誰でもわかりますよね。

一方で、
「今日の服似合ってるね。かわいい。」
と言ったら、相手の子は喜んでくれるだろう。
ってのもわかりますよね。


極端な例ですが、
コミュニケーションってこの繰り返しです。


自分どういう発言や行動をするのかによって、
相手の印象や気持ちがどう変わっていくのかを考えて、

自分の望む方向に近づくであろう、
最良のアプローチをしていくわけです。


相手の性格や価値観、タイミングを見て、
状況に応じて臨機応変に対応していけば、
必然的に上手くいく確率が高くなるものです。

本当にこれ重要です。


ノウハウやテクニックうんぬんの前に、
できていて当たり前のことだと思うのですが、

恋している時なんかは、
気付かないうちに思考停止している人が少なくないものです。

考えることを放棄してしまったら、
そりゃあ上手くいかないですよ。



元カノはこの相手のことを考えるのが、
めちゃくちゃ上手かったです。

週に3,4回しかお店に出ていなかったようですが、
それでもナンバーワンでいられたようですからね。

ノートにお客さんの特徴や話した内容などを、
覚えている限り書き残していて、
接客前には必ずそのノートを見返していたり、

普段から本や新聞を読んだりして、
自分の教養を身に付ける努力をしていました。


「こういう特徴のお客さんには
こういう風に接するといっぱいお金使ってくれるんだよ^^」

と、ニコニコしながらよく話してくれてました。


女の子って怖いなーと内心思いつつ、
笑顔で楽しそうに話す元カノをかわいいなと思っていた僕は、
手のひらの上で転がされていたんでしょうね。

どこまで考えてたのか知らないですけど。


考え方や価値観が合わなくて、
短い間しか一緒にいませんでしたが、
いろいろ学ばせてもらえたいい思い出です。



恋愛でもビジネスでも人間関係ですから、
相手のことを考えるだけでも、
結果は大きく変わってくるものです。

特に恋愛では自分の気持ちでいっぱいになってしまい、
思考停止してしまう人が多いのですが、
そこで冷静になって少し考えるようにしてみてください。

最初のうちは難しいと思うかもしれませんが、
コミュニケーションを少し変えるだけで、
人生全般がより良いものになりますからね。


人と人との関わりの中で得られるものは多いですし、
特に恋愛なんかは深く相手と向き合うことになるものです。

いろいろと大変なこともありますが、
人との繋がりからはかけがえの無いものを得られますからね。


今の僕があるのは元カノも含め、
今まで付き合ってくれた子たちのおかげです。

本当に付き合う相手によって、
人生は全く違うものになるよなと思います。

上手くいくいかないの前に、
誰と付き合うかもよく考えることが大切です。

合わない相手のことを好きになっても、
遅かれ早かれ関係は壊れるでしょうから、
なるべく早い段階で違うなと思う相手を見極めることも重要です。

プラスになる関係もあれば、
マイナスになる関係もありますので、
恋愛でもその他の人間関係でも誰と付き合うかは、
よく選んでいくのがいいです。


いい人間関係を築いていけるようになると、
どんどん成長していくことができるので、
今まで知らなかった世界がどんどん広がっていきます。

見ることができる世界が広がると、
これまで自分が生きていた日常とは違う、
より楽しい毎日が送れるようになります。


充実した人生を送るためにも、
普段からコミュニケーションを意識して、
いい恋愛をしていってもらえたらと思います。


久しぶりに恋愛について書きましたが、
恋愛関連の記事も需要があれば、
これからもいろいろと書いていこうと思います。

では、この辺で終わります。
読んでいただきありがとうございました。