六本木ヒルズクラブ(入会金126万会員制)でお嬢様とセレブな夜

この記事は5分で読めます

2013-02-21 00_50_34





こんにちは、つっきーです。



久しぶりのメルマガになります。

前回の配信が17日なので一週間ぶりです。




さて、先日、

マカオに行ったメンバーで、

食事に行きました。


お店は、

日本語ペラペラのエリートニュージーランド人、Nさん

がオススメの中東料理店。


僕は初めての中東料理だったのですが、

どうも日本人の口には合わない味でした。


中東料理は自分には合わないのだと、

また一つ学ぶことができましたね。

これも成長です。



その後、

何か別なものを食べたいという話になり、

強風の中歩いて六本木ヒルズクラブへ移動。



49階にある会員制和食店に入ったのですが、

メニューを開くとまあいい値段です。


それに、隣の席では、

英語を巧みに話して外国人と仲良く食事をする、

できる男という感じのビジネスマン。


お店自体も静かで落ち着いた雰囲気で、

いかにも高級なお店ですといった感じです。



テレビのセレブ特集で紹介されるようなお店に来た。

そんな感じがしました。




川島和正さんの香港友達でもある美人お姉さまが、

お店のオーナーさんと知り合いだそうで、

無理を言い特別メニューを出してもらいました。


そういうこともできるのかと、

僕はただただ感心するばかりです。



食事をしてからは隣のバーへ。

ここでお姉さまのお友達さん方も合流しました。


そのお友達さんというのが、

いいとこのお嬢様で正真正銘セレブ。

親がある県で一番大きな家を持っているそうです。



お嬢様ということで少し緊張しましたが、

社交慣れしているのかすごく気さくな方で、

おもしろい特技を披露してくれたりとすぐに仲良くなれました。



東京中の夜景が一望できるきれいなバーで、

静かな落ち着いた雰囲気の中、

優雅に仲良く談笑・・・




ではなく、

マックで騒いでいる女子高生さながらのガールズトークです。



めったに来ることのない、

お高いお店ということで緊張している僕をよそに、

周りの雰囲気など気にせずマイペースに

自分たちの世界に入っていらっしゃいました。



さすがお嬢様というのでしょうか、

セルフイメージの違いを思い知らされましたね。





何でもそうなのですが、

人によって当たり前と思えるものの基準は違います。


今回のように都心のお高いオシャレな場所を、

普通だと思っている人もいれば、

近所のレストランでも緊張してしまう人もいます。



海外に行くのは当たり前だと思っている人もいれば、

海外に行くだけでも抵抗を感じる人もいます。




人によってどこまでを普通だと思えるかは、

その人の知識、経験に大きく左右されます。



よく知っているものや、何度も行き慣れた場所であれば、

緊張することなど無いはずです。


一方、初めて行く場所など、

普段とは違う環境へ身を置くとなるとそうはいきません。


慣れていないだけあって緊張して、

ドキドキしてしまいます。


もちろん、初めて行く場所であっても、

行き慣れた場所と似ているようであれば、

緊張することはありません。



普段と大きく違っていればいるほど、

何かが違うと違和感を感じて不安になります。


また、自分の中に経験が無ければ無いほど、

緊張してしまうことが多くなります。




セルフイメージは日常生活だけではありません。

ビジネスをする上でもすごく大切な要素です。



例えば、

僕らは普段当たり前のようにパソコンを触っていますが、

人によってはそれすらドキドキしてしまいます。



僕の親なんかは一回クリックするだけでも、

ウイルスに感染しないか心配して、

「ここ押しても大丈夫?」

といちいち聞いてきます。



普通にやっていたら、

ウイルスに感染するなんて考えられない。


と誰もが知っている常識とも言うべきことなのですが、

知らなければ怖いのも無理はありません。



人間は誰しも、

前提知識が無いものや経験の無いものは、

恐怖を感じてしまうものですからね。


ただこれは誰もが解決することができます。

知識と経験を増やせばいいのです。



僕も初めてヤフオクに出品する時は、

何もわからずドキドキで作業を一つ進める毎に、

本を見返して一つ一つ確認しながらやりました。


今思えば心配し過ぎなのですが、

当時は何もわからないので大まじめです。




また、輸入やメルマガもそうです。


初めて海外から商品を仕入れた時は、

ちゃんと届くのか不安でいっぱいでしたし、

メルマガを書くのにも世界中の人に見られるのだと、

必要以上に考えすぎていました。



今では海外でものを買うのは当たり前ですし、

メルマガも自分の好きなように書いています。



何であれ経験を重ねれば慣れていくものです。

何度かやっている内にいろいろなことがわかってきて、

緊張したり怖く感じることもなくなります。



知識や経験を増やせば増やすほど、

自分の適応できる場所や物は多くなっていきます。



つまり、

どこでも、何でも、

自分の思うようにすることができるのです。


自分の行動範囲も増えますし、

より多くの物に対して見極めができるようになります。



自分の選択肢を増やすことになるわけです。



前回の記事で書いた、

「見える世界を変える」

というのも繋がってきます。



全く知らないものを初めて見るのと、

既に何度も経験した上で改めて見るのでは、

当然、見えるものは違います。


前提となる知識や経験を増やすほどに、

より多くの見方ができるようになるのです。



より多くの世界を見ることで、

さらに多くの世界を見ることができるようになる。


自分の成長というのは、

積み重ねが増えれば増えるほど、

有意義なものとなっていきます。



一度も経験のないことをやるのは抵抗がありますが、

思い切ってやってみると道が開けます。



怖がって自分の殻に閉じこもっていては、

いつまで経っても何も変わりません。


変わり映えのない毎日の繰り返しで、

大切な時間を浪費してしまうことになりかねません。



自分の世界を広げるためにも、

人生における選択肢を増やすためにも、

自分自身の成長は欠かせないものです。



意識的に普段と違うことをやるようにしたり、

自分の知らない世界を知っている人と交流したり、

日々少しずつでもいいので変化を作るべきです。



行動することで、次の行動が見えるようになり、

またその先には次の行動があるのです。



この行動の繋がりを永遠と繰り返していくだけで、

人生は思いがけない方向へ変わっていくのです。


動く前には考えもしなかった出会いや変化など

今までとは違った世界が待っています。



学びや経験を増やしていき、

自分を成長させることこそが、

人生を変えるために必要なものです。


すべては自分が変わるところから始まるのです。



◆編集後記◆



最近はいろいろな方に誘ってもらったり、

仕事も大きく展開していく段階になっていて、

忙しく充実した毎日を過ごしています。



そんなわけで、

メルマガで書きたいこともたくさんあるのですが、

執筆に時間がかかるので中々書けていない状態です。



内容の薄い軽い記事であればサクッと書けますが、

せっかく書くのだから、

毎回学びのある記事を書きたいと思っています。


一記事書くのにだいたい3時間、

長い時は5時間ほどかけています。




書きたいけれど、

書けていないこともたくさんあります。


「僕が最近やっていること」

「読者モデルの友人と食事に行った話」

「流れで120万円のコンサルに申し込んだ話」

「CDデビューもしているプロミュージシャンをコンサルした話」

「24時間で1億6000万円売り上げた方の家に呼んでもらった話」



今あげたことについては順次記事にしていくつもりです。

まあ、新しいネタも日々増えているので、

書くペースが追いつかないかもしれませんが。苦笑



僕が成長することでメルマガの内容も、

より充実した僕にしか書けないものにしていきたいです。





オノ・ヨーコ作:夢