僕らは今を生き続けることしかできない

この記事は4分で読めます

2012-03-18 21.57.41




こんにちは、つっきーです。


前回の配信からしばらく間が空いてしまいました。

最近はバリバリ仕事しています。


絶賛引きこもり生活中で、

一日10時間ぐらい仕事しています。


先月、全くと言っていいほど仕事をしていなかったので、

その反動でか、楽しく仕事できています。


勢いのある時にどんどんやろうという感じです。



僕らは常々「今」を生きています。

いたって当たり前のことですが、

つい何も考えないでいると意識しないことです。


一分後も、一時間後も、明日も、

その時が来ればみんな「今」です。


1年後でも、10年後でも同じです。



僕らは「今」しか生きられないのです。



時間は未来から、今、そして過去へと流れていきます。

ですが、そんな流れていく時間の中で、

僕らが体感できるものは今この瞬間だけです。


今という瞬間、瞬間を繰り返して、

時の流れの中を生きています。


過去や未来へはどんなに頑張っても行くことはできません。

しょせん、概念上だけのものです。



テレビ出演や書籍化で大流行している、

東進予備校の人気講師、林修先生の言葉。


「いつやるか? 今でしょう」



この言葉深いです。

多くの人の心に響く本質を突いている言葉だからこそ、

流行っているのだと思います。


ギャグやノリでかんたんに言える。

でも、よく考えるとグッと心に刺さる言葉。


そんなことを、

さっきまで、ふと思っていました。



何をするにしても「今」しかやれません。

明日は永遠に来ません。



今日の時点で明日と言っても、

一日経ち、昨日から見た明日が来ても、

それはその時点で「今」となります。



そして、そういう先延ばしぐせのある人は、

決まってまた、明日にしようと言います。


それをいつまでも繰り返して、

何日も何日も時間だけが過ぎていきます。


時間が無駄になるだけの無限ループです。



こういう人は本気でやばいと思わない限り、

ずっと先延ばしし続けます。


小学生の時の夏休みの宿題がいい例ですね。


後で後でとずっと放置し続けて、

夏休みが終わる前日になって大慌てでやると。



これは期限が決まっているのでまだいい方です。

締切があるからやれるものの、

期限の決まってないものはいつまでもできません。



だから、「いつかお金持ちになれたらいいな」など、

期限のない漠然とした夢や目標は、

いつまでも実現できないのです。



だらだらと過ごしていく中で多くの時間を無駄に失います。

何か転機があり、どうしても変わらざるを得ない状態になって、

本気で決意するまでやらないはずです。


人によっては時間だけがだらだらと過ぎていき、

永久にやらないまま人生が終わってしまいます。



ですが、

「そんな人生でいいのか?」

という話です。


大きな成功も失敗もなかった、

ただただ時間を過ごすだけの日々の繰り返しだった。

死ぬ直前にこんなことを思いたくないはずです。




「今」決意して前に進むべきです。


ここで先延ばしにしていたら、

ずっと先延ばしし続けるはずです。


今すぐ気持ちを変えて、行動をするから、

明日、あさってとどんどん前に進んでいけるのです。



そこで明日からにしようと思ってしまったら、

また明日、明日、明日・・・

と何もしないままずるずると時間だけが過ぎていきます。



そうやって貴重な時間を失ってしまいます。

後々になって後悔することになります。


どうせやるのであれば、

早ければ早いほどいいです。


人生や時間は有限なものですし、

一生で一番若いのは今この瞬間です。


僕であれば、

今日は、生まれてから21年と241日目です。



時間は残酷なものでいやおうなく過ぎていきます。

年齢も一日、また一日と歳を重ねていくものです。


今日という日(21年と241日目)は、

人生でたった一度きりです。


この日はもう二度と来ないですし、

一生戻ることもできません。


何気ない毎日のたった一つと思うかもしれません。

ですが、今日この日しかできないことは、

数え切れないほどあるはずです。


惰性で生きているのであれば、

意識することなく漠然と過ぎていくはずです。


でも、人生のかけがえの無い一日だと思い、

意識を高く持っているのであれば、

今日という日の大事さを見いだせるようになります。



よく転機やチャンスがあったから、

人生が変わったという成功者の方がいますが、

あれは偶然ではなく必然です。


彼らは常日頃から一日一日を精一杯生きていて、

チャンスの種をまき続けていたからこそ、

巡りあうべくして巡りえたのです。



ものすごい確率の低い宝くじでも、

買わなければ絶対に当たることは無い。

というのと同じことです。



僕が思うに人生は、日々の積み重ねの結果、

出来上がる作品のようなものです。


これまでやってきた全てのことが、

有機的に繋がっていき、

今の自分に反映されているのです。



いい意味でも悪い意味でも、

今までの考え方、行動などの結果が、

今の自分(と状況)ということです。



何気なく過ごした今日という日が、

間接的に将来の自分に影響を与えるのです。



本を読んでいて気づいたことが、

いつの日かのひらめきになるかもしれません。


町を歩いていて見つけたものが、

いつの日かビジネスを大きく発展させるきっかけになるかもしれません。


今日やった作業も、

将来、経済的な自由を得るための一歩になるはずです。


今書いている僕のメモ書きのような記事も、

僕の知らないところで巡り巡って、

間違いなく何かしらに繋がります。



今やっていることが将来的にどういう風に転ぶのかは、

自分自身ですべてを把握することはできません。


そこは良くも悪くもそこは運です。



それでもできる限り将来的にいいようになってくれるように、

ちょっとしたことでも行動を変えていくべきです。


自分ができる範囲では、

よりよくなるように意識して行動するべきです。



何でもいいので一日に一歩でも、

人生がよくなるような行動をしていくといいです。


すぐには効果がないかもしれませんが、

積み重なっていった時に、

大きなチャンスとなって自分に返ってくるはずです。



もちろん、逆もしかりです。

毎日を惰性で生きていたのであれば、

それに応じた結果に繋がっていくと思っています。



勉強なり、行動なり、何でもいいので、

とにかく自分にとってプラスになるようにしましょう。


それがどんな結果に繋がるのかは誰にもわかりませんが、

自分のできる範囲でやれることをやる人が、

大きなチャンスに巡り会えるはずです。