目指して欲しいところ

この記事は5分で読めます

1069367_488191341273339_216552213_n




こんにちは、つっきーです。


最近は暑い日が続いてますね。
嫌なことをやっているとやる気がなくなってきますが、
楽しんでやれていることなら関係ないです。

バリバリ仕事に集中できています。


今日はいろいろなことを書いて、
長くなってしまったので目次を作りました。

1,なぜ、本の紹介したのか?
2,セールスはビジネスの基本
3,目指して欲しいところ



1,なぜ、本の紹介したのか?


さて、前回の記事で僕が情報発信をする目的は、
「人」のため、人間関係のためということを書きました。


では、なぜ本を紹介したのか?

本を紹介した理由もあくまで「人」です。
商品を紹介するのも僕にとっては情報発信の一部ですからね。

もちろん、あの本を選んだのにも理由がありますし、
追伸で軽く紹介しただけなのも考えがあってのことです。

結果を出すべくして出している人(稼ぎ続けられる人)
というのは深く考えて行動しています。

普通の人だったら気にもしないような、
何気ないことにも意図があることがほとんどです。


売れている漫画家とかもそうですね。

一見ストーリーに関係ないものを演出のために描いた。
と思わせておいて、後になって実は重要な伏線になっていた。
っていうのに近い感じです。


プロほど深く考え行動しているものです。

そういう意図の部分を理解して自分のものにできると、
なぜ結果を出せているのか理由がわかるようになってきますね。

伏線の張り方と言いますか、
戦略的な考え方を使えるようになると思うような結果が出せます。


僕がどういった考えがあって説得の本を紹介したのか、
思考の裏側の部分を解説していきます。


売ることを目的に紹介したわけではありません。
本気で売りたいと思ったらあんな紹介の仕方はしないです。

セールスの基本とされる3つの要素である、
「信頼性」「メリット」「概要」
すらも一切無く、記事の追伸でさらりと紹介しただけですからね。

どういうことかというと、
「こういうものがありますよ。よかったらどうぞ。」
という知らせるための紹介しかしてません。

ただ単に、こういうものがあると存在を知ってもらっただけです。


正直、ほとんど売れません。

商品の存在を知ってもらうだけですので、
見てくれた人が自分自身で商品をいいと思わない限り買わないです。

なんせ、典型的な売れないアフィリエイターの残念な紹介の仕方ですからね。


では、なぜ、僕があえてそういう紹介をしたのかというと、
本質のわかる人を見つけたかったからです。

説得の本を紹介した理由は「人」。
もっというとセンスのいい人を見つけるためです。

セールスの大切さを直感的にわかっている人を見つけるために、
わざと売れない紹介の仕方をしたのです。

売り込まなくても自分自身でいいと判断してくれる人だけが、
買ってくれればいいというわけです。


2,セールスはビジネスの基本


ビジネスで稼ぎたければ説得やセールスの力は必須です。
直接お金をもらう大事な部分ですからね。

お金に一番近いところを学ばないでいいと思っていたら、
他の部分をいくら伸ばしても効率が悪くなってしまいます。

正直、セールスだけでお金は稼げますからね。
それこそ月収100万円レベルでしたらセールスだけでも十分可能です。
そのぐらい重要なものです。


個人的にはあまりやって欲しくはないのですが、
スパムだけでも稼げるほどです。

メルマガでひたすら無料オファーをコピペするだけでも稼げます。
その方法だけで月40万稼いだ知り合いもいますし。

また、ちょっと前まででしたら、
TwitterやFacebookでフォロワーや友達を増やして、
コピペで無料オファーをスパムのように流すだけで誰でも月10万稼げました。


難しいことを学ばなくても、
ただ売ることだけを考えて実践すれば稼ぐことはできます。

もちろん、一時的に稼げているだけで長くは続かないですが、
教材を買い漁って勉強だけしていて1円も稼げません。
と悩んでいるよりはよっぽどいいです。

セールスは特に稼げていない人ほど学ぶべきものです。
ビジネスの肝の部分ですからね。


そもそも、何か商品を仕入れて売れば儲かるって、
めちゃくちゃ当たり前のことじゃないですか。

安く買って、高く売る。
お金儲けの基本中の基本です。

極端なことを家場、ビジネスなんてこれさえできていれば稼げるわけです。
他はすべて形を変えた応用にすぎません。

基本すらできていないのに応用を学んでも稼げるわけがないです。

月5万、10万円すら稼げていないのに、
いろいろなことを学んでも上手く使いこなせないでしょうからね。

宝の持ち腐れになってしまって、
教材代やらなんやらでお金や時間を無駄にするだけです。


セールスというのはオファーです。提案。

「○○してください」
と人に何かしてもらうのはすべてオファーです。

商品を買ってくださいというのはもちろん、
就職やプレゼンなどで自分を選んでくださいというのもそうです。

メールアドレスを登録してくださいというものや、
これを見てください。というのもみーんなオファーなわけです。


あまり意識することは無いかもしれませんが、
僕らは日常的にオファーを繰り返ししているわけです。

オファーもセールスも一緒なわけですです。
誰かに自分の思うように動いてもらうよう働きかけるわけですからね。

セールスは日常的に行われているわけで、
自分の思うように人が動いてくれるようにするスキルですので、
セールスが上手いとあらゆる場面で得します。

ビジネスで稼げる額が増えるのは言うまでもないですが、
人間関係全般で使えるわけです。


例えば、恋愛もそうですね。

「付き合ってください」「結婚してください」
と告白するのもオファーだっていうのはわかりますよね?

自分と一緒になってくださいと相手に提案しているわけです。
ビジネスの上手い人がモテるというのも当然のことですよ。

お金持ってるからモテるわけではなく、
相手に自分を売り込むのが上手いからモテるわけです。

逆に恋愛の上手い人がビジネスでも成功しやすいと言われるのも、
人に提案する力が既に鍛えられているからに他なりません。


稼いでいる人は例外なくセールスが上手いです。

自分自身や能力、成果などを
上司やお客さんなど他の人に認めてもらう力があるからこそ、
雇ってもらえていたり、仕事を取れたりしているわけですからね。

セールスが下手なことで、、
本来の価値よりも低く評価されていることもよくありますが。


今日伝えたいことはセールスではないので、
セールスのの話はこの辺にしておきます。



3,目指して欲しいところ


大事なのはセールスがビジネスにおいて重要な能力だと気付けるかどうかです。

他にも重要なことはたくさんありますけど、
稼げていないのであれば真っ先に優先してセールスを学ぶべきなのです。

いわば、土台ですね。
建物を立てる時に最初に土台をしっかりと固めないと、
上にどんなに立派な建物を立てても意味が無い。

ビジネスの基礎となる部分なわけです。


もう少し言えばセールスの時点で伸び悩んでしまう人もいますよね。

たまたまセールスができて小銭は稼げるようになったけれど、
もっと大きな金額を稼ぐにはどうしたらいいのかわからないと。

ここで大きく稼ぐようになる人と、
市場の衰退とともに稼げなくなっていく人に分かれるのですが、
その理由はなぜ稼げるのかがわかっているかどうかです。

「なぜ、コピペだけで稼げるのか?」
その理由や原理の部分を理解することができれば、
いくらでも応用ができますからね。

自分で好きなように応用できるのであれば、
同じノウハウを別の媒体に合わせて再現して稼ぎ続けることもできますし、
更に大きく稼ぐために何をすればいいのかも見えてきます。


全体像が見えていて本質的に何が大切なのかがわかるか。
そこが重要なのです。

本質を見抜けるようになれば何をやっても稼げます。
それこそ、全く知らない分野でもそれなりの成果は出せるようになります。

仮に僕が飲食店をやることになったとしても稼げるわけです。


僕は取りあえずのゴールとして読者さんやコンサル生さんには、
ここを目指して欲しいと思っています。

こういった考えを自分のものにできると、
お金の心配をしなくてもよくなりますし、
人生の自由度が増えて自分の好きなように生きられますからね。


そのための第一歩としてセールスの重要性に気付ける人を選別したかったのです。
それが本を紹介した一番の理由です。

僕が軽く紹介しただけで買ってくれたセンスのいい方には、
サプライズで後々に特典を考えていました。

無料でコンサルをして、
「どうセールスを学んで生かしていけば結果に繋がるのか?」
ビジネスをする上での方向性を伝えるつもりでした。

僕が直接コンサルする時は1時間あたり6万になることもあるので、
ハッキリ言って割に合わない労働です。

ですが、お金のためではなく、
これから伸びる可能性の高い人を応援したい気持ちでやりたいなと思ったのです。


僕が付き合いたい人を育てるためです。
自分と近い価値観を持っている人のはずですからね。

何度も言ってますが、
今、僕が情報発信をする目的はお金よりも人です。

自分と考え方の合う仲良くなれる人を増やしたいからです。


煽って流されてしまうような人は、僕と考えが合わないでしょうし、
そういう人は、いくら一生懸命に教えても稼げるようにならないと思うので、
儲かってもそういう人を相手にビジネスしたくないわけです。


さらっと紹介しただけなのにも関わらず、
これは必要なものだとわかって買ってくれた人がいいんです。
本質的にいいものをわかる人ですね。

自分の稼ぎが少なくなっても、
考え方の近い人に教えたいって思いますし、
一緒にビジネスができたらいいなと思っています。


もっとも長期的に考えたら金銭的にもプラスになるんですけどね。

一時的に大きく稼ぎたいなら、すぐ流される情弱を相手にした方がいいです。
ただ、5年、10年と長い目で見た時に、
目先の利益を捨ててでも人間関係を優先した方がいいわけです。


自分が何年か教えて1000万、2000万レベルで稼げるようになったら、
100万とかの商品でも普通に買ってくれるはずですからね。

人間関係を優先すると結果的にビジネスも上手くいくわけです。


本当はセンスのいい人だけにしようと思ったのですが、
今、記事を書いていて僕が発信する情報で学んで、
なるほどなと気づく人もいるだろうなと思いました。

そのため今回は25日までの申し込みまで特典つけます。
僕もいろんな人と話してみたいですしね。



説得の本の申込みはこちら
⇒ http://urx.nu/4BeH