幸せの条件を満たせば幸せになれるのか

この記事は3分で読めます

IMG_7742_R

 

こんにちは、つっきーです。


最近はメルマが結構書けてますね。
いい感じで続けられています。

やっぱり、好きに書くといいですね。
無理にやっている感じがしないので自然と続けられます。


趣味に近い感覚で楽しんでやれていますが、
結果的に好きでやっている方がいいものを提供できるはずですからね。



人間がどういう時に幸せを感じられるのか。
誰もが考えることだと思います。

僕自信もご多分に漏れず日々考えてることです。


最近も疑問に思うことがあり、考えていて、
事例ばかりの専門書も読んでいるほどです。

人間がどういう時に幸せを感じることができるか。
について、本一冊かけてひたすら書いてある本です。


これがまた読みにくいったらありゃしないんですよね。
事例や研究データばかりで読みにくいです。

1ページ5分も10分もかけてせっせと読みましたよ。

読んで考えて納得して進んで・・・
これをひたすら無限ループですからね。

読み終えるのに何日もかかってしまいました。



さすが専門書というだけあって、
薄い(読みやすい)ビジネス書とは比べられないくらい内容がしっかりしていました。

「ああ、そういうことね」
と納得して腑に落ちたことがたくさんありました。

僕の読解力が足りないため全部理解できたといわれると怪しいのですが、
しんどい思いをしてでも読んだかいがあったなと。



結局、僕なりの結論としては今までと変わらないです。

「自分らしい生き方をしていけばいい」

と、ずっと思っています。


今回本を読んで自分の考えを最確認できましたし、
より確信を持って自分の考えに自信を持てたのでよかったです。


幸せの定義は人によって違うわけですし、
みんな自分の好きなようにすればいいんです。

自分が幸せだと思えればそれで十分ですよね?

と言いますか、
自分が幸せだと思えること以上に、
より幸せだと思えることは無いのではないでしょうか。


自分がどういう時に幸せだと思えるのかを知り、
できる限り幸せだと思える生き方に近づいていく。

これこそが僕らが描く理想の人生だと思っています。



一つ言えるのは、
「条件が満たされる=幸せ」
では無いです。

資産1億円で年収が3000円になれたら幸せとか、
○○ちゃんと結婚できたら幸せ。

っていうのは違うということです。


単純にお金があれば幸せだとか、
理想の恋人と一緒になれたら幸せだとか、
世界一周旅行ができたら幸せだとか、

そういった条件付けされたものを満たしたからといって、
必ずしも幸せになれるわけではありません。


勘違いしている人が多いのですが、
条件を満たしても一時的にしか幸せになれませんからね。

条件を満たすことで幸せになっても、
その幸せはずっとは続かないです。



宝くじに当たった人が数年後に破産してしまったり、
宝くじに当たる前よりも経済状況が悪くなっていることが多い。

というのは有名な話ですが、
これも条件付けされた幸せが続かない典型例です。

他にも理想の恋人と結婚したけれど、
年月が経って愛情が冷めてしまう夫婦も多いですからね。


これは単純な例ですが、
僕らの生きているこの世界はもっと複雑なものです。

お金や恋愛が全てではないですし、
一つの面で最高に幸せだと思えるようになったとしても、
他の面で悪いことがあったら幸せだと思えないはずです。


どんなに素晴らしい理想の生き方を手に入れても、
病気で寝たきりになってしまっていたのでは、
心から幸せだと思うことはできませんからね。


お金があっても、理想の恋人がいても、夢だった仕事ができても、
どれだけ自由な時間があっても、心から笑い合える友人がいても、
必ずしも幸せっていうわけでは無いんです。

自分で勝手に思い込みで条件付けをして、
「これさえあれば私は幸せになれる」
と思ってしまっていては、将来がっかりすることになるわけです。


健康が十分でなければ楽しめないですし、
お金がなければ選べる選択肢も限られてしまいます。
時間がなければどんなに満たされていても意味が無いです。
などなど・・・

結局は、バランスが取れてないと駄目なんですよね。


そもそも条件付けをすることによるデメリットとしては、
満たされていないと自分は幸せではない。
と無意識で思い込んでしまうことですね。

目指すところとして目標にするのはいいのですが、
変に固執してしまってはいけません。


僕も昔はお金がなければ幸せになれないと思い込んでいた時期がありましたが、
まあ、毎日がつまらないものでしたね。

常に金、金、金、
頭の中はお金のことしか考えられなかったですし、
お金になること以外はやりたくないとすら思っていました。

行動基準が全部お金だったわけです。

生活も気持ちもお金が中心になっていて、
自分で言うのもあれですがお金に支配されていましたね。

貯金が少しでも増えれば気分がよくなり、
貯金が減ってしまった時は落ち込んでしまう。

お金が入る時しか楽しいって思えませんでしたから、
まあ、四六時中お金のことを考えていました。

お金最優先で生活をしていたので、
確かに貯金はどんどん増えていきましたが、
貯金が減ると落ち込むので全然使えませんでした。

お金を貯めること自体が目的となってしまっていて、
何のために貯めたのかもわからず本末転倒でしたね。


僕は極端だったと思いますが、
少なからずこういった傾向がある方はいますからね。



自分がどういう人生を送りたいのか真剣に考えるべきです。

何となくよりよいものへとですと、
条件付けしてしまったり、一つのものへ偏りが出てしまいかねません。

また、自分の軸や目的が無いことで、
他人や環境に流されて都合のいいようにされてしまいます。


他人に決められた人生が幸せだと思えるわけがないですし、
「自分はこういう生き方をしていきたい」
と自分自身で決めて納得できるように生きていけばいいです。

結局、人生や生き方に答えなんて無いです。
正解がない以上、自分の好きに生きればいいのです。

自分自身が後悔しないように好きなようにするのが、
一番納得できる人生を送れるのだと思っています。

自分らしい生き方をしていくのが幸せではないのでしょうか。


PS:

幸せ論については僕自身が関心があり、日々考えていることですので、
もっともっと伝えたいことが山のようにあります。

ちょこちょこメルマガでも伝えていければと思っています。