だんまりなクラブとオタクな元カノ

この記事は4分で読めます

2013-08-06 03.34.39




こんにちは、つっきーです。


もしかしたら今頃は富士山に登っているところだったかもしれません。

今こうして記事を書いているので、
富士山には行かずに家にいるわけなのですが、
きのうの夜まで行くのか行かないのかわかっていない状況でした。

行くってなったら急いで用意してすぐ出発だったので、
「どっちだー」とドキドキ感すごかったです。

事前に用意したり、スケジュール調整しなければいけなかったりで、
リア充も何気に大変です。


リア充いいなーって人多いですが、
無理にリア充になる必要なんて無いんですよね。

僕はのんびりと引きこもっているの好きですし。

遊びに行ったら行ったで楽しいですし、
引きこもっていたら引きこもっていたらで楽しいですし、
僕はどっちでもいいと思うんですよね。

どっちもそれぞれの楽しさがあるわけですし。


見栄とか他人にどう思われるかとか気にしないで、
自分の好みやその時の気分で好きなことをすればいいです。

自分の好きなように生きるのが人間一番幸せですからね。


と、リア充になってませんよアピールで引きこもり擁護をしてみましたが、
今日の記事も遊びに行ったことなんですよね。

流れ的に書きづらい。笑



さて、先日アイドルさんと鳥カフェに行った後の話です。


読んでいない方はこちら。

鳥カフェをビジネス視点でレポートしてみた
⇒ http://yutorichi.com/archives/4611

写真
⇒ http://yutorichi.com/archives/4612



鳥カフェを出てからご飯を食べ、
夜は先輩起業家さんに誘ってもらい六本木のクラブに行きました。

いい機会なのでアイドルさんも一緒に行くことに。


クラブに行くのは2回目なのですが、
あんまり好きじゃないんですよね。

むしろ、かなり嫌いです。
あの人ががやがやしている雰囲気がダメなんですよね。

引きこもりらしく静かな場所でのんびりとが好きです。


ただ、今回行くことにしたのは、
場所どうこうより、誰がいるかということで行きました。


ドラ1さん、小山さん、弁護士さん、ドラ1さんの友人さん、
そして、一緒に来てくれたアイドルさん。

一緒に時間を過ごす人って大事です。
同じことをやるにしても誰とやるかで全然違いますからね。


めちゃめちゃ楽しいことでも自分が嫌いな人と一緒だったら、
大して楽しいと思えないでしょうし、

そんなに楽しいと思えないことでも、
一緒にいる人が良ければ自然と楽しくなるものです。



今回もそうで、あまり好きじゃないクラブでも、
一緒にいたメンバーのおかげで楽しく過ごせました。


僕はわがままで好き勝手に生きている人間なので、
自分が嫌だなと思う人とは基本的に関わりません。

嫌だなーと思うこともやりません。

常に自分の好きなようにします。
空気を読む必要なんて無いと思っていますからね。


クラブのような出会いの場でもそうで、
「かわいい子じゃないと話したくない」というわがままなっぷりです。

実際、空気を読まないで話さないんですけどね。
きのうも女の子は無視で一緒に来た人とばかり話してました。

それか、だんまり。笑


お前は何のために行ったんだよ。って感じですけど、
別にいいんです。

そもそも女の子と知り合いたくて来たわけじゃないですから。

先輩起業家さんたちと会うために来たわけです。
で、場所がたまたまクラブだったと。
それだけの話しです。


もちろん場所が場所なので、
空気を読まない僕に対して優しい?先輩方はいじってくれて、
ピエロみたいなこともしましたがそれも楽しんでできますからね。

そもそもいじられてイラッとする人とは一緒に遊ばないです。



何をするのかで、
楽しい、楽しくないって判断している人が多いですけど、
それだけじゃないんですよね。

誰と一緒なのかにもよりますし、
自分の気持ち一つでも変わるものです。


よく言われることですが、
就職先を決める時に給料がいいところよりも、
自分がこの人と働きたいと思う人がいるところに入った方がいい。
っていうのと同じことなんですよね。




恋愛も一緒ですね。

好きな子と一緒にいるだけで幸せとか思うじゃないですか。

この子といれば何もしなくても幸せ。
この人と一緒なら何をしてても楽しい。

って思ったりするのと同じです。


好きな人とそうでない人といる時で、
同じことをするにしても楽しさは全然違いますよね。

普段なら嫌だなーと思うことでも楽しいって思ったり、
自分が興味のないことでも積極的にできたり。


好きな子でも友だちやお世話になっている人でも、
この人のために頑張ろうって自然に思わせてくれる人といる時って、
どんなことでもやっていて楽しくなるものです。


僕の場合ですと、
昔、いわゆるオタク向けのアニメや声優について、
一生懸命勉強してたことがあります。笑

もちろん僕自身まったく興味ないです。
どんなに頑張っても好きになれません。


昔付き合っていた子で、
アニメやゲーム、声優さんが好きな子がいたのですが、
その子と話を合わせるためにユーチューブで動画見たりしてました。

これも嫌々やってるわけではなくて、
その子の好きなものがどんなのなんだろう?
って気持ちで勉強してみたわけです。

ほとんどの場合、
どこがいいのか全くわからなかったのですが、
それでも楽しいんですよね。

無理をして楽しいって思っているわけでもなく、
自分の好きな子と同じ世界観を知りたいって気持ちがあるからこそ、
つまんないなーってものでも自然と楽しく思えていました。

あとで、
「○○のどこが好きなの?」
と教えてもらったりもできますしね。


あ、英語を覚えたかったら外人と付き合えっていうのも、
めちゃめちゃわかります。その通りです。

僕もこの子と付き合って、
オタク用語いっぱい覚えましたからね。笑

覚えようと思わなくても話していれば自然と覚えていきます。


例えば、僕はずっと、
腐女子=オタク系の女の子
って思っていたのですが違うんですよね。


会話の流れで腐女子じゃんみたいなことを言った時に、

「私は腐じゃないし」
「腐はBL(ボーイズラブ)が好きな子だよ」

と教えてもらってそうなんだ!と思ったりしてました。

こういうしょーもないどうでもいいことでも、
好きな子との話であれば楽しんで学べます。



何でもそうなのですが、
何をやるっていうことよりも誰とやるかで、
楽しさは全然違うものになってきます。

やりたくないことをやらなければいけない時は必ずあります。

そういう時でも友人や仲間、恋人、メンターでも、
この人のために頑張ろうって思える人がいるだけで、
同じことをやるにしても気持ちが違ってくるはずです。


ビジネスで誰から学ぶかを決める時に実績が大事と言われていますが、
実績だけで教えを受ける決めてしまうのは、違うんじゃないかと僕は思っています。

もちろん教わるにあたって実績は大事です。
でも、それだけじゃなくて「この人から学びたい」
という気持ちを持てる人から学ぶべきです。


お金は稼いでいるかもしれないけど、
「なんだかこの人気持ち悪いなー」
と思う人から学んで頑張ろうって思えますか。という話です。

自分が頑張って結果を出しても、
「この人は自分が教えたおかげで稼げるようになりました」
って紹介するするんだろうなと。

無意識に成功することに抵抗してしまったりするんですよね。
人間嫌いな人のために頑張れないですからね。


逆に「この人のためにも頑張ろう!」と思える人から教わっていれば、
自然とより頑張ろうという気持ちが強くなるはずです。


自分の好きだと思える人といることで、
幸せだと思える人生に近づけるのではないでしょうか。

一緒に時間を過ごす人は思っている以上にずっと大事なものです。


PS:

クラブに輸入ビジネス業界で有名な方も来ていて、
少しお話させてもらったのですが、
光栄なことにたまに僕の記事を読んでくれているとのこと。

うれしいような恥ずかしいような。


PS:

ジャニヲタかわいい子多いらしいです。
確かに元カノのオタ友だちもかわいかったです。

ただ、これはジャニヲタ全体でかわいい子が多いのか、
かわいい子の友だちはかわいい子なためなのか、
どっちなのかはわかりません。笑