もしもつっきーが就活をすることになったら

この記事は3分で読めます

1184968_500584936700646_1993547929_n




こんにちは、つっきーです。

ふと思ったのですが毎日記事を書いてますね。
いつの間にかに書くのが当たり前になっていました。


今年の前半は全然書いていなくて、
久しぶりに書こうと思った時も上手くまとめられなくて、
途中でやっぱりやめようと消したことが何度あったことか。

その結果、一ヶ月、二ヶ月に一回しか、
更新しないような状態になっていましたもんね。


最近はもう書かなくちゃ落ち着かないですからね。
歯磨きと同じような感覚になっています。

文章を書くスピードもずいぶんと早くなって、
スラスラと思ったことを文章にできていますからね。


仕事関係無しに純粋に自分の考えを書くのが楽しいです。

自分の考えや思っていることを多くの人に知ってもらうことに
ある種の使命感を感じるほどになってきています。

楽しくライフワークとしてやれています。


もし、アフィリエイトやら情報販売が法律で禁止されて、
文章を書くことが一切お金に繋がらなくなっても書き続けるつもりです。


そもそも僕が情報発信をしている目的は、
お金が第一じゃないですからね。

個性を主張することが一番の理由です。
自分はこういう人間だ。と知ってもらうために書いています。


これは自分が好きでやっているのもそうなのですが、
時代的にも情報発信自体が必須になってくるだろうと思うからです。

今はまだそこまで一般的には重要視されていませんが、
おそらく5年後、10年後には世界中の人全員が
情報発信しなければいけない流れに近づいていくはずです。


というのも、ネットの発達やグローバル化の流れで
自分自身を主張しなければ個性が無いとされてしまうからです。

時代の流れ出も個性重視になっていますので、
その他一同の一人とされてしまったら生きにくくなるはずです。


現に今でもアメリカの一部企業では、
Facebookが自分の履歴書代わりとされていますし、
芸能事務所でもFacebookのいいね!数がオーディションの選考項目に入っています。


まだまだ少数派ですが今後はどんどん増えていくでしょうね。

SNSを使ってリクルーディングをしているベンチャー企業もありますし、
知り合いのネット起業家でも社員や外注はSNSで探したという人も何人かいるぐらいです。

そもそもの理由として、
Facebookの方が従来の履歴書よりも詳しくその人となりがわかりますからね。
面接だけではわからない普段の趣味や価値観、交友関係までもわかるわけです。

雇う側としては求人広告を出すよりも、
いい人材を見つけやすいわけです。


もしも僕がどこかに就職しようと思ったら、
絶対に普通に履歴書を出して面接してなんてしないですからね。

会社のホームページやSNSなどから連絡先を探して、
ブログとFacebookのリンクを張って「雇ってください」と直に連絡しますよ。

どんな状況になったとしても仕事に困ることは無いわけです。
もっとも、もしものことがあったらの話ですが。


就職に関してもそうですし、
それよりも人間関係がかんたんに作れるというのが何よりもいいです。

以前のように名刺交換をして自己紹介をして・・・
と、面倒なやり取りをわざわざする必要なくなりますからね。

Facebookやブログ、メルマガを見てもらえば、
勝手に自分のことを知ってもらえるわけです。


仲良くなりたい人がいたら連絡して見てもらえばいいわけですからね。

オフラインで知り合った人もFacebookで連絡先を交換すれば、
投稿を見てもらって一方的に自分のことを知ってもらえるわけです。

何もしないでも勝手に親近感もってもらえますし、何よりも楽ですね。


それにネット上に公開しているわけですので、
検索やらで自分のことを知ってもらえることもあります。

偶然ブログを見たことをきっかけに僕のことを知って、
連絡をもらって仲良くなった友人も何人もいますからね。



情報発信は自分のことを知ってもらうため、
自分の個性を主張するために超便利なツールなわけです。

ビジネスとして使えばお金も入りますしね。
しかも、今はめちゃめちゃ稼ぎやすい分野です。


こうして記事を読んでもらえるだけでも、
僕の考えや価値観を知ってもらえているわけです。

で、読んでくれている人の中には、
コンサルを受けたい人や友達になれる人がいるかもしれないですし、
もしかしたら将来的に結婚する人もいるかもしれないですからね。


僕がこうやって記事を書いて読んでもらうことによって、
実際に関わる人の(相手側の)選別が自動でできるわけです。

価値観が合わない人は勝手に離れていってくれますし、
僕の考えに共感してくれる人が自然と残ってくれますからね。

情報発信のおかげで嫌いな人と関わらずに、
自分と仲良くなれる可能性の高い人とだけ人間関係が築けますので、
価値観の会わない人と関わって悩むことも少なくなりましね。

勝手に人間関係も豊かなものになっていきます。



というわけで、情報発信を薦めたいわけではないのですが、
僕が情報発信をしている理由についてまとめてみました。