お金持ちになる必要ってありますか?

この記事は4分で読めます

IMG_5573




こんにちは、つっきーです。


いつもメルマガを読んでいただきありがとございます。
改めてお礼を言わせてもらいます。

やっぱり感謝の気持ちを伝えるっていいですね。


記事を読み方について提案させてもらいたいのが、
僕が何を考え、どんなことを伝えようとしているのか、
自分でも考えながら読んでもらいたいです。

ただ単に文面だけを見ていたのでは、
得られるものも限られてしまいます。

文字として表現されているものの中に含まれている、
僕の思考の部分も読み取って欲しいと思っています。



さてさて、僕の記事を読んでくれている方の中には、
お金持ちになりたいと思って学んでくれている人が多いです。

ただ、僕があなたに目指して欲しいと思っているのは、
お金持ちになることではありません。

「えっ・・・」
と思われたかもしれませんね。

本当にお金持ちになることが幸せに繋がるのか。
ということについて今日は考えていきたいと思います。



まず、僕がこうして情報発信をしている目的は、
あなたに「自分らしい生き方」をしてもらいたいからです。

正直、お金持ちには必ずしもなる必要は無い。
とすら思っているほどです。

あくまでも自分らしい生き方をすることが目的ですので、
お金持ちになることが自分らしい生き方をするのに必要でないのであれば、
別に無理してお金を追い求める必要は無いです。

もちろん、お金持ちになることが、
自分らしく生きることに繋がるのであればお金持ちになるのもいいです。

ただ、あくまでも先に人生ありきであってです。
とりあえずお金持ちになれば幸せになれると思ってしまうのは、
目指すべき目的が違ってしまいます。

とりあえずお金があればいいっていうのではなく、
お金が必要だったら必要な分だけ稼げばいいと思うのです。



そもそもお金持ちの定義ってなんでしょうか?

どれだけの額を持っていればお金持ちだと思えるかは、
人それぞれ定義が違っていると思います。

ある人は資産3億円を持っていればお金持ち。
また別のは人は年収で1000万円あればお金持ち。
1億円の札束が手元に無ければお金持ちでは無いと思う人もいるかもしれません。


お金持ちになりたいって思う人は多いですが、
お金持ちの定義は人によってバラッバラなんですよね。

だって、ハッキリと明確にいくらいくら持っていれば、
「あなたはお金持ちです」
と、認定してくれる基準なんて無いですからね。

雑誌やらマスコミが資産や収入の多い人のことを、
勝手にお金持ちと言っているだけです。


結局のところ、お金持ちの定義は自分次第です。
あくまでも自分の気持ちの問題です。

自分自身がお金持ちだって思ったらお金持ちなのです。
絶対的な基準などありません。



少し厳しいことを言いますと、
何も考えずにただ漠然とお金持ちになりたいと思っているのではないでしょうか?

あなたは(自分が望む額を持った)お金持ちになってどうしたいのですか。

仮に1億円の資産が欲しいと思っているとしたら、
その1億円をどう使うのかまでしっかりと考えていますか。
そもそも、なぜ1億円じゃないといけないのでしょうか。


安心感のためにたくさんのお金を持っていたいのだと思うのですが、
僕が思うにお金なんて必要なだけあればいいです。

お金は必要以上にあっても困ることは、
無いですが余分な分は死ぬときに余らせるだけですからね。

もしくは、本来思い描いていた自分の生き方の中で無駄遣いが増えるだけです。


お金があって困ることはないのですが、
ただ、安心感が欲しいために必要以上のお金を追い求めるのは、
人生のバランスを考え直した方がいいです。



「お金はあればあるほど良い」
って盲目的に思い込んでいるのは違うと思うのです。

余分なお金を手に入れるために失うものがあるのだったら、
人生が楽しくなくなってしまいますから。

もちろん、たくさん稼ぐことを一概に否定しているわけでなく、
仕事が好きでやっていて結果的に必要以上のお金が入ってきてしまうのならいいと思います。
むしろ、それだけの評価を得られているわけですからね。

ただ、自分が生きたい生き方をするためのお金があるのに、
見栄や安心感のために好きでもない仕事をいつまでもやり続けるのは、
そもそもの目的を見失ってしまっています。


自分らしい人生はどういうものなのかを思い描いて、
その生き方をするためにはどれだけのお金があればいいのか考え、
そのために必要なお金を稼げばいいのではないでしょうか。


「自分らしく生きるためにお金を稼いでいるのに、
いつまでもお金を求めて何がしたいの?」

って思いませんか?

ですので、
自分の目的に必要なお金を稼ぐために好きでない仕事もやるのはいいですが、
最終的には好きなことだけをすることを目指してください。



無理に過剰なお金を稼ごうとするからこそ、
バランスを崩してしまい、どこかしらで反動が来てしまうわけです。

年収1億円とかあったらすごいとは思いますけれど、
どう考えても使い切れないですからね。

本来必要ないであろう無駄遣いでもしない限り無くなりませんし、
死ぬときに残してこの世を旅立つだけです。


普通の人が思う理想の生き方で年収1億も必要ないです。

一番幸せだと思える人生は自分らしく生きることであるのに、
必要以上のお金を稼ぐために仕事漬けの毎日になってしまうのは本末転倒です。

自分が生きたい生き方でお金がかかるものがあるのであれば、
そのために必要なだけ稼ぐのはいいです。

フェラーリや六本木ヒルズとかに憧れがあるのであれば、
それなりのお金がかかるでしょうからね。


ただ、自分の理想の人生がお金があまり要らないものなのに関わらず、
「なんとなーくお金はあった方がいいよね」
と、ぼんやりと大金を追い求めてしまうのはよくないです。

稼げるから稼ぐってのも違うわけです。

お金はあればあるほどがいいのかというと、
残念ながら必ずしもそうだとも限りません。

1日10時間働いて年収1億円を稼ぐよりも、
1日3時間だけ働いて年収3千万の方が幸せな人は多いでしょうし、
人によっては1日1時間で年収1千万がいいかもしれません。


どんな生き方をするにせよある程度の金額は必要だと思いますので、
稼ぐ力を身に付けるのは必須なわけですが、

いつまでもお金を際限なく求めてしまって、
時間など人生のかけがえの無いものを失ってしまったのでは、
後々になって後悔するでしょうからね。



まとめに入ります。

そもそも僕らがお金を必要とするのは、
自分らしい生き方をする上で必要となってくるからですよね

お金が無いからやりたいことを我慢しなければいけないのは辛いでしょうし、
お金があることでできることの幅も広がってきます。

ただこれもバランスがあって、
どこまでお金のために働くのを許容できるのかを考えるべきなのです。

生活や自分がやりたいことをやるためにお金を稼ぐことは、
幸せな人生にするためにも必要でしょうし、稼ぐべきです。

仕事が好きで結果的に必要以上のお金が入ってくるのもいいです。


問題なのは仕事が好きでもないのに関わらず、
お金があればあるほどいいと偏った思い込みを持ってしまい、
永遠とお金お金となってしまうのは目指すこととは違うわけです。


見栄や安心感のために盲目的にお金持ちを目指すのではなく、
自分はどれだけのお金があればいいのか人生のバランスも考えて、

必要なときに必要なだけ手に入れられる。
ここを目指していきましょう。