時間の浪費は命を粗末にすること

この記事は3分で読めます

1208911_503846269707846_1503926015_n




こんにちは、つっきーです。

最近は本気でお金よりも時間が大事だと思うようになりました。
今は何よりも時間が大事です。

時間の重要性を実感するようになって、
普段の時間の使い方や意識は当然変わりましたし、
何をするのか、つまり何の行動に時間を使うのかも考えるようになりました。


今までもビジネス書などで何度も何度も、
時間の大切さについて飽きてしまうほど学んできたので、
何となく自分なりに時間を大事にしているつもりでした。

でも、最近になって「ああ、そういうことか」
と、自分の中で腑に落ちたと言いますか、心から納得できました。

当たり前ですが、何をするにしても時間は使うものです。
たとえ何もしなくても、ぼーっとしていていても時間は経ちます。
時間を使うことはイコール命を削っていることなのです。

僕らは日々自分の命の一部と引き換えに、
何かしらの活動をしているわけです。

どんなにダメダメで何もしないまま一日を無為に過ごしてしまっても、
精力的に活動した充実した一日を過ごすことができても、
同じ一日には変わりないのです。


お金持ちも貧乏人でも一日の時間は同じ24時間という言葉があります。
これはどんな人も時間は平等に与えられているという意味ですが、
人によって時間の使い方の質が違うという意味もあるように思います。

お金持ちは同じ一日の中でもよりよい過ごし方をしているからこそ、
世の中に多くの価値を生みだしていて、
その対価として人よりも多くのお金を稼げているのです。

もちろん、お金が絶対の基準ではありません。

ですが、お金も一つの価値基準として、
よりよい時間の使い方をしていることの証明となっています。


どんな人生がいいのかは人それぞれ自分が満足できればいいもので、
他人と比べてどうこうというものではないです。

しかし、自分の中で「こうだったらもっといいのに」
と思うことは、どんな人にだってあるはずです。

自分自身の考えの中に今の生活よりも、
もっと満足できる生活に近づけたい気持ちはあるはずです。



僕らの生きられる時間は有限です。
いつか必ず終わってしまう日が来てしまうのです。

どんなに頑張ろうとどれだけのお金を積もうと寿命は来ます。
与えられた限られた時間の中で精一杯生きるしかないのです。

生きていくということは時間の中で過ごすわけですので、
人生をよりよいものにするためには時間の使い方を変えるしか無いのです。

今の時間の使い方を見つめ直して浪費してしまっているものを無くし、
より自分の満足いく人生へと近づけるために時間を使う必要があります。


無駄な時間を過ごすことはかけがえのない命を粗末にすることと同じです。

人生はたった一度しかないということは誰もがわかっていますよね。
この瞬間、瞬間が二度と戻ることのできない人生の一部です。
一瞬一瞬がかけがえの無い貴重なものなのです。

時間は付け足すこともできないし、
一度過ぎ去った時間を取り戻すこともできません。

僕らは決して戻ることのできない一方通行の道を進むしか無いのです。


時間には価値があるとわかっているはずです。
でも、どう時間を使うかを深く考えずに浪費してしまっている人が多いです。

誘われたからと何気なく行ってしまったり、
何となくテレビやYouTubeを見続けてしまったり、
ちょっとした息抜きがつい長くなってしまったり。

大切な時間を意識しないで使ってしまいがちです。

無駄なことに時間を使ってしまったあげくに、
忙しいからやりたいことをやるための時間は無いと。
こんな人生絶対に楽しくないですよね。


本来、時間はお金のように、あるいはお金よりも大事なものなのに、
なぜかお金のように賢く使えている人はあまりいません。

1000円は浪費しないように大事に使い道を考えるのに、
1時間は何気無く過ごしてしてしまう人が多いです。


これは時間が貯められないのも理由の一つにあります。

お金は自分から使おうとしない限り減らないものですが、
時間は自分が何をしていようとも常に流れ続けるものです。

目に見えず、触れられず、実体が無いものですので、
意識しない限り時間を使っていることを忘れてしまうのです。

連続的に自動的に過ぎていくものですので、
どうせ勝手に過ぎていくと思ってしまい、
過ぎてしまってもどうせまた次があると錯覚してしまっているんでしょうね。

いつまでも今日と同じように明日が来ると。
同じような日々が永遠と続くかのように思ってしまうからこそ、
何気なく浪費することに対して違和感を感じないのです。


時間は自分の人生の一部であり、命そのものです。
決して代わりの効かない有限な限りある最も大切な財産です。

人生をよりよいものにしたいのであれば、
限られた時間をいかによりよい使い方をしていくかしかありません。

普段から1日1日を後悔しないようにベストを尽くしていき、
充実した毎日を送っていくことの積み重ねが、
結果的に後悔の少ない人生となっていくのです。


特に何をするにしても、
自分の命を少なからず使っていると意識することが大事です。

かけがえのない命を削っていると思っているのであれば、
「たった5分ぐらいいいや」とか、
「明日から頑張ろう」なんて発言はできなくなるはずです。

僕らは今この瞬間しか過ごすことができないわけですし、
今をどう生きるかが全てなのです。



時間を大切にすることは、
人生を大切にすることに他ならないですからね。

人生をいいものにしたいのであれば、
普段から自分が時間をどう使っているのかもっと意識を向けるべきです。

よりよい人生を送るためにも時間に対して真剣に向き合い、
時間を大切に使っていってください。