自分が勝手にゴールを決めてしまってはいけない

この記事は4分で読めます

2013-08-28 09.54.38




こんにちは、つっきーです。


3日ぶりに記事を書きます。

ここ2日間は所用があったため、
久しぶりに千葉県の実家に帰っていました。

今月は毎日のように記事を書いていたため、
向こうでも仕事をしようとパソコンは持っていっていたのですが、
結局、バタバタしてしまい書きませんでした。


今日もいつも通り僕の意見を好き勝手に書きます。

人によっては不快に感じてしまうかもしれませんが、
あくまでも僕の考える意見です。

考え方や価値観が合う方だけ読んでくれればいいです。



まずは、ここ最近の僕自身のことについて書きます。
8月の近況と、ここ数日間の心境の変化です。


まず僕が8月をどういう生活をしていたかについて。

8月はひたすら勉強ばかりしていました。
時間があれば本を永遠と読み続ける生活です。

ご飯とお風呂と寝る時間以外、
丸一日読書という日も何日もありました。


感覚としては起きている時間の8割は本を読んでいました。

1割は食事など生活に必要なことをする時間。
1割は記事を書いたりコンサルをしたりする時間。


本を読むのが楽しすぎて、
残りの時間はずっと勉強をしていました。

「今月僕は何をしたんだろう」と思い返してみても、
本を読んだことしか思い出せないなという感じです。

正確に数えたわけではないですが、
一ヶ月で100冊前後ぐらい読んだと思います。

一緒に住んでいる子にも、
「つっきーさんは一日中本を読んでいる印象しかないです」
と言われてしまうほどです。笑



読者さんからしてみれば今月は毎日のように記事を書いていたので、
よく働いてるなと思われているようですが、
実際のところ、仕事っていう仕事はほとんどしていません。

僕にとって記事を書いたりコンサルをすることは、
仕事をしている感覚はありません。

仕事なわけですが、稼ぐためにやっている仕事というよりも、
どちらかというと好きでやっているものです。


僕自身の気持ちとしてもお金を稼ぐよりも、
好きな時に好きなことをしている方がいいと思っていました。

それなりにお金も時間があるのだし、
何よりもお金があっても欲しいものも使うものも無い。

今のところはガツガツと稼がなくてもいいかと。


夏休み感覚でだらだらと本を読んでいたら、
あっという間に一ヶ月終わってしまった。
という感覚ですね。

僕にとって本を読むことは娯楽であり、遊びです。


本を読むことで学べて成長できるので、
将来的のための自己投資と考えることもできますが、
そんなことは考えず楽しいからひたすら読んでいました。


また、毎日のように記事も書いていましたが、
しばらく仕事してないなと自分では思っています。

記事にしても稼ぐために書いているわけではなく、
僕の意見を好きなように書いているだけですからね。

稼ぎたかったら何かを売るための文章を書きます。
自己満足ではダメですからね。

そういったわけで稼ぐ気も無く、
のんびりと本ばかり読む生活をしていました。



今の生活に満足しているし、何も困っているものも無い。
しばらくこのまま好きなことしていればいいかと思っていました。

(本を読んで知識を増やしていることもあり)稼ごうと思えば稼げるし、
とりあえは現状維持で十分だと。


ただですね、
僕の気持ちに転機が訪れたのです。

ふと、「今のままでいいのかな?」
と疑問に思ったのです。

それでよくよく考えてみたのですが、
望んで今の生活をしているし十分満足していると。

現状なんの不満もありません。

好きなことを好きな時に好きなようにできる。
これ以上何も望むもの無いよなと。


そんなことを思ったりしたわけですが、
自分がどこまでできるのか挑戦してみたい気持ちもありました。

また、今のまま時間が過ぎてもいいか考えた時に、
やっぱり成長の無いのは嫌だとも思いました。

現状に満足してしまったら、
それ以上の可能性を狭めてしまうと思ったのです。


たとえ今の現状に満足していたとしても、
まだ自分の知らないよりよいものがあるのかもしれないと。

今の自分の考えでは必要ないと思っているものでも、
手に入れてみたらいいと思えるかもしれないわけです。


正直、今以上に収入が増えたとしても、
自分自身の気持ちの満足度は大して変わらないと思っています。

むしろ、稼ぐために頑張る必要があるのだったら、
その分だけマイナスになるのではないかと考えているほどです。


ただですよ、
現状に満足しているのも、今以上のものが必要無いと思っているのも、
あくまでも今の自分の想像でしかないわけです。

実際に体験してみたら楽しいかもしれない。
今以上にもっと幸せだと思えるものがあるかもしれない。

そういったまだ見ていない自分の可能性を、
勝手な思い込みで否定してしまっていました。


今の時点で変に満足を感じてしまっていて、
よりよくするための成長を放棄してしまっていたのです。

人生はどこまでいっても自分が満足できればいい。
という気持ちには変わりはありません。

ですが、
自分が勝手にゴールを決めてしまってはいけないと気づきました。

自分の成長を思い込みの満足で止めてしまうことは、
さらなる可能性を狭めてしまうことと同じなのです。


一ヶ月間の読書生活を経験したことで、
幸いにも早い段階で気づくことができました。

何年も何十年も経ってしまい、
人生の残りの時間をたくさん失ってしまってからでは、
それだけ可能性が狭まってしまいますからね。


人生をよりよいものにできる可能性があるものに、
常に挑戦してみるべきなのです。

実際に手に入れてみて、経験してみて、
自分に取って要るか要らないか判断すればいいのです。

勝手な思い込みで決めつけてしまえば確かに楽です。
そして、大抵のものは想像通り要らないと思うものです。

でも、中には要らないと思っていたものでも、
実際に手に入れてみたら意外といいものもあるわけです。



人生一度きりです。
自分がどこまでできるのか可能性を追求していくべきです。

少しでもよりよい人生を目指していくことこそが、
幸せに近づくために必要なのです。



そういうわけですので、
今後は本気で稼ぐことに集中していくつもりです。

しばらくは純粋にお金に繋がることに絞ってやっていく次第です。
本来必要の無い余計なことはやめます。


自己満足のための記事を書くのも控えます。
書きたいものがある時は30分ほどの短時間でサクッとまとめて書きますが、
時間をかけてまとめるものはしばらく書きません。

コンサルも9月中に新規の募集は閉め切ります。


裏方で地味に作業をするのに集中します。
しばらく仕事漬けの生活をしていきます。

人生のステージを上げるのはそう簡単なものではないですからね。
本気で取り組まなければいけません。