ドキドキと緊張することをしよう

この記事は1分で読めます

1460276_547768841982255_1489839439_n





あなたは、最近どれだけ
ドキドキすることをしましたか?

もし、ドキドキすることしていないのであれば要注意です。


なぜかと言うと、
全然記憶に残らない毎日になってしまうからです。

自分が安心してできる無難なことしかしなければ、
同じようなことばかりをやることになります。

人は本来に、
ドキドキと緊張することを避けてしまいます。

緊張することを避けるのは、
危険から身を守るために本能的な反応ですので、
多くの人は安心したものを選びがちです。


しかし、
緊張することを避けていった結果、
思い出の少ない日々だったと後悔することになりかねません。

安心してできることばかりやっていたのでは、
人生を振り返った時に思い出せる、
記憶に残る経験をほとんどすることができません。


自分には似合わないと思っている服を着てみる。
絶対に浮いてしまう畑違いのイベントに参加してみる。
自分には一生縁のなさそうな高級なレストランへ行ってみる。

緊張してしまい居心地の悪くなることを
あえてやるようにすることで、
思い出の多い経験豊富な人生に近づくことができます。

人に話せるエピソードが増えるので、
面白い話がたくさんできるようになっていきますので、
人に話を聞きたいと思われる人気者になっていきます。


ドキドキしてしまうことでも、
何度も何度も繰り返しやっているうちに慣れてくるものです。

始めは、自分ではできないと思っていたことも、
ずっとやっていと段々と当たり前に感じてきます。

ドキドキ緊張してしまうことをあえてやることで、
自分のステージを上げていくことができます。

ps:
今日の記事は、
川島和正さんの記事の書き方を意識して書いてみました。