22歳までに成し遂げたこと-恋愛編-

初恋

保育園の時に同じクラスだった「のんちゃん」
そんなにかわいく無かった気がするもののなぜか好きでした。

今では名前も顔も覚えていないですが・・・

 

片思い

小中高と学生時代は告白すらできないチキンだったため12年間片思い。

見ているだけでドキドキ、少しでも話せたらその日一日は幸せ。と、
初々しい純粋無垢な心で寂しい悲しい青春時代を送りました。

長い子だと2年以上も好きだったのに好意すらも伝えられないという・・・
恋愛とは無縁のモテない残念な黒色の学生時代でした。

 

初彼女

20歳との時に一個歳下の子と付き合いました。
お互い初彼氏初彼女。

月収100万円だの19歳で年収1000万、ヒルズのホームパーティ行ったなど、
訳の分からないことを言いまくっていた残念な僕のことを飾り関係無く見てくれて、
初デートでファミレスの会計で「私の食べた分」と言い、
断っても無理に500円を渡してきたりしました。

遠距離恋愛だったため、
約3ヶ月付き合った後「好きだから別れたい」と言われ、
両想いのまま別れることになりました。

別れた後も次の彼氏ができるまで8ヶ月メールでやり取りしていたほど好きでした。

 

初体験

初デート、初手繋ぎ、ファーストキス、初体験、と全部の初めてを初デートで。
これまでの人生で記憶に残る忘れられない一日となったいい思い出です。

 

No.1キャバ嬢と付き合う

たまたま知り合う機会があり(もちろんプライベートです)

同い年で自分よりも頭がいい女の子は初めてと恋愛経験の乏しい僕は、
すぐに惚れ、熱意と情熱だけで口説き、運良く付き合えました。

何もわかっていなかったので、今思うとめちゃくちゃな口説きでしたが、
たまたま最低限のポイントは押さえていたため付き合えたのだと思います。

まあ、本気で好きだ!っていう真剣な気持ちが伝わったんでしょうね。

 

モテ期

レベルの高い子たちと付き合えた。と根拠の無い自信を持ったことと、
恋愛の勉強と実験を徹底して行い、膨大な量の知識と経験を増やしたため
女の子というものが理解でき、恋愛が思い通りにいくように。

理想の子探しと言い、モテる子にいかにモテるかだけを
ひたすら追求していた時期でもあります。

勉強と努力のかいあって好きになった子とは必ず付き合えるようになり、
一緒に過ごす中で新しい学びと経験をもらい、
恋愛する度に成長させてもらっていました。

 

夜のお店

もともとの先入観でイメージが悪かったこともありましたし、そもそも割高。
払う金額に対する満足度とコストパフォーマンスが悪いとしか思えないです。

人生経験のためと割り切って行ってみる度に嫌悪感、ガッカリで更に嫌いになりました。

風俗では無いものの上海のマッサージ屋で80万ぼったくられたこともトラウマです。

これまで片手で数えられる数しか行ってませんし、
経験して無い種類のものもありますがいらないなと思っています。

好きな人は好きでいいと思いますが、僕は普通の恋愛がいいです。

 

ナンパ

一年ほど勉強と練習をして、地蔵声かけ連れ出しGETと、ある程度できるように。

ある程度上手くいくようになってからは合理主義的性格から
コストパフォーマンスを求めたことと
ナンパの属性が求めているタイプと違うため自分には合わないとパタンっとやめました。

ナンパ師を羨ましいと思った時期もありましたが、
経験人数が1000人前後の方5人に意見を聞かせてもらい、
僕と彼らでは目指すところが違うとハッキリわかったので別の道を歩むことに。

 

逆ナン

ある県で一番大きな家を持っている超お嬢様にお誘いしてもらい後日お泊まりデート。

初のお誘いに戸惑い、一緒にいる間ずっと危ないことに巻き込まれるんじゃないかと
不安でいっぱいでした。笑

当然?何事も無く楽しく過ごせていい経験になりましたし、
いろいろな意味で勉強になりました。

 

女の子と一緒に住む

昔、仮面ライダーに子役として出演していた同い年の子と上場企業の社長令嬢さん。
それぞれ偶然が重なった結果、ひょんなきっかけで一緒に住むことになりました。

一緒に買い物に行ってご飯作ったり、畳の上に布団を敷いて川の字で一緒に寝たりと
同棲や結婚をしたらこんな感じなんだろうなーってのを疑似体験することができました。
*二人とも付き合ってません。

 

女遊び

○人目の彼女と別れてから遊んでみようと思い、経験のためにやってみました。

かわいくない子、性格の悪い子でも性別が女なら何でもいいやと、
(ポチャと熟女だけは無理でした)
今まで全くもって興味の欠片も無かったような女の子にもターゲットを広げて、
しばらくの間、2日に一回ペースで別の子と一緒に過ごす日々を送ってみました。

満足度とコストパフォーマンスが著しく悪いことと、いろんな意味でストレスだったので、
始める前にあらかじめ決めていた期限でスパッと終わりにしました。

 

恋愛番外編(つっきーが好きなタイプ)

「大事にできる子」「好きにさせてくれる子」
いたら連絡、紹介してください!笑
具体的な定義が自分の中にありますが、ここではザックリと。

 

これまでを振り返ってみた感想

20歳からの2年間は何よりも恋愛を頑張っていた時期で、
改めて振り返ってみると約2年間でこれだけのことをよくやったなと自分ながらに思います。

学生時代は、女の子と関わることもほとんど無く、
モテなかったので感慨深いものがあります。

根暗で女の子との縁のすら無い時期もあれば
(19歳の時は女の子と二人でいた日が一日も無いです。苦笑)
お金を稼げばモテると思っていて、
金持ち自慢をしていたモテない痛々しい時期もありました。

改めて振り返るとモテなかったのは、女の子について知らなかったからだと思います。

お金を稼げばモテるはず、
イケメンじゃないからモテないと間違った思い込みばかりでしたが、
実際のところ、「女の子という存在」について知っていくにつれて
恋愛で困ることも無くなってきました。

付き合う付き合わないもそうですし、
付き合ってからも喧嘩することも無く良好な関係でいられています。

また、見た目だけで惹かれることも無く、
女関係で痛い目に遭うことも今まで一度もないです。

お金と同じでルールと相手のことを知って、
適切な対応ができるようになればいいんだ。と今では思っています。

恋愛は勉強して練習をしていけば上手くいくようになるものです。

大前提として正しい知識を学ぶことが必要ですが、
正しい知識さえ学べればどうにでもなります。

もちろん、〇〇すればモテるようになるとか書いてる
しょうもないモテ本や教材、雑誌の特集で学ぶのは、
間違っているまでは言わないものの偏った知識ですので、
偏った結果しか出せるようになりません。

自称モテる人はいっぱいいますが、そもそもモテるの定義があいまいですからね。

経験人数100人ならモテるのか、1000人じゃないとモテないのか。
学校や会社で一番かわいい子、あるいは芸能人と付き合えたらモテるのか。
誰もが羨む絶世の美女と付き合い、何年も惚れさせていられたらモテるのか。
どんな相手だったとしても取りあえず恋人さえいればモテるというのか。

というように、
「モテる」と言っても人によって定義は全然違うわけです。

経験人数をたくさん増やしたい人もいれば、とにかく顔の整った相手を求める人もいたり、
この子がいいと自分が好きなった人が好きという人や
常に相手を切らさずに恋愛していたい人と、
人それぞれ好みも恋愛に望むものも違うはずです。

それに自称モテる人の中にもいろんな人がいるもので、
数が多くても簡単に落とせる子やブスばかり相手にしている人もいれば、
見た目やテクニックで落ちるような男を見る目が無い情弱の相手しか落とせない人。

見た目だけが良いだけで性格が悪い女にたかられたり、
都合よくいいように使われているだけ人。と、
一見すごい!って思うような人でも実際はそうでもなかったりするものです。

僕自身自分のことをモテるとは思ってませんが、付き合いたい子と付き合えていますし、
付き合ってからも仲良く過ごせているので(付き合った子と喧嘩したこと一度も無いです)
別に誰かの定義でモテると思われなくても別にいいやと思っています。

そもそも恋愛は自分の人生を有意義にするためにするものであって、
他人に対して経験人数の実績やモテる自慢だのどうこうするためのものでは無いですからね。

恋愛について思い当たることは2年間かけて一通りやってみて、
自分なりの恋愛で目指すところにだいぶ近づけたのではないかと思っています。

かなりの量の勉強と練習をしてきた努力があったからの結果だとも思いますが、
それ以上に今まで付き合ってくれた子のおかげだと思っています。

理想の子探しをしていた僕と人生のひと時を一緒に過ごしてくれる中で、
いろいろ学ばせてくれ、経験させてくれたことには感謝の気持ちしかないです。

僕に恋愛とは何か女の子とは何かを学び始めるきっかけとなる恋愛観を教えてくれた
Nさんにも感謝しています。
(別ジャンルで有名な人なので名前は伏せます)


プロフィール一覧

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

RETURN TOP

プロフィール


10歳でお金儲けを始め、
15歳の時にネットビジネスで起業。
現在22歳。ビジネス歴8年目。

このブログでは、
「本気で人生を変えていきたい」
強い気持ちを持っている方に向けて
僕がこれまで時間と大金をかけて
学び経験してきたことを伝えていきます。

⇒ 詳しいプロフィールはこちら




記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。